なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

ロシア車ワズ「外気導入の窓が全然開かないのは年式の違い?」

小さなことだけど大きな悩み。

こんにちはヤマナカ(@miapom)です。

しばらく前から気になっていたのが今乗っているロシア車UAZの外気導入口のフラップが少ししか開かないところです。

同じワズ乗りのユーイチローさん(@wong_kei)の車は水平近くまでパッカーンと開いているんです☆

 

スクリーンショット 2015-05-18 21.16.28

フラップとは車の前面部分についている窓のフタです。顔でいうところの鼻あたりの部品です。

 

ワズはここから外気を導入できる仕組みになっていて、運転席にあるレバーを押し込むと写真のようにフラップをパッカーン!とあけることができます。夏場はここから外気を取り込み、涼しい風が室内に送られます。(私のはエアコン付いてません。)

冬場はヒーターコアに風が通り、凍てつく風は熱風となって室内に送り込まれます。本当に冬場は「あったかぃんだからぁ〜♪」

 

Youtubeなどでもこのフラップがかなり大きくパカパカ開いていたりするのですが、私のワズは恥ずかしがり屋なのかまったくと言っていいほど開きません。

 

IMG_5080

これで全開です!

 

ユーイチローさんのが見た感じ80°くらいの角度だとすると、私の車は30°程度でしょうか。これでもかなり勢い良く風が入ってくるので、フラップがほぼ垂直くらいまで開いたらエラい風が入ってくるのだろうと想像します。それこそ入ってほしくないような虫や鳥なんぞもここに吸い込まれてしまうかもしれません。

 

あ・・・もしかしてそういう理由もあって必要最低限しか開かないのかしら?

 

日本の乗用車などは外気導入する場合はエアコンフィルターを通って「砂埃・花粉・排ガス」などを濾過したクリーンな空気が車内を駆け巡るのですが、ワズの場合はダイレクトに車内に吹き込み、頼れるのは自分の鼻毛フィルターのみになります。

整備されていないバスやトラックの後ろを走るとすぐに車内が排ガス臭くなるんです。あと住んでいるのが田舎の方なので肥やしの臭いもダイレクトです!

 

このフラップ開度についてFacebookで聞いてみたところ写真をアップしてくれたので自分の車と見比べてみたいと思います。

 

IMG_5073

こちらがユーイチローさんのワズのフラップ開閉機構です。金属の板がリンクとなって長穴の可動部分がよくわかります。

 

 

IMG_5077

こちらが私のワズのリンクです。赤い矢印の部分が長穴になっていますがちょこっとしか見えません。

 

 

 

IMG_5073IMG_5077

並べてみると一目瞭然。機構的な問題だったんですね。

 

 

IMG_5074-1

ユーイチローさんのフラップ部分の金具です。ボディの形状に沿う形状の金具です。

 

 

IMG_5079

こちら私の車。あ、金具はほぼ同じですね。中の機構で動きが制御されているためここまでしか開かないだけのようです。「だけ」って言っても、これを動くようにするには労力かかりそうですが・・。

以前、「なんでこんなに開かないんだ?」なんて思って無理やりフラップを引っぱりあげたことがあります。良い感じに上がったものの、レバーを元に戻しても閉まらなくなりました・・・そりゃあそうですよね。

もし可能なら長穴部分の板を取り外して長穴をさらに大きく削れば可動範囲も広がると思われます。そうだなー、週末か・・・いつか・・・。

でもヒーターコアが虫だらけとか、見ては行けないものが入り込んだりしても怖いのでちょっと様子みて考えます。

IMG_4664

  コメントなどお気軽にお書き下さい

必ず返信します♪ヽ(´∀`)ノ小躍りして喜びます☆