なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

「ストライダー入門編」子供のチャレンジ精神を萎えさせないために用意しておきたい2つのアレ。

こんにちはヤマナカ(@miapom)です。

先日我が娘もストライダーデビューをしたわけなのですが、乗る際に絶対に着用したいのが「ヘルメット」です。特に幼児・児童の自転車に乗車中の事故では6割が「頭部」ということなので気をつけたいですね。

 

頭の他にも怪我をしやすいのは肘や膝、手のひらなど守りたい部分はいくつかあります。子供に楽しく遊んでもらうためにも、安心して遊ばせるためにもこれらの保護具を用意し、しっかり装着してあげましょう♪

 

憧れていた「BELL」のヘルメットを購入☆

 

IMG_5722

ZOOM (ズーム)

BELL HP

 

僕のイメージとしては「BELL」と言えばバイク用のジェットヘルメットなんですが、ストライダーと並んでこれが置かれていたのを見て超絶欲しくなりました。(被るのは娘なんですけどね)

 

IMG_5760

このデザインも可愛いですよね♪娘は動物好きなので気にいってくれました。ゾウさんがいなかったのがちょっと残念。基本色はピンクですが一部メタリック(キラキラのシールのような)部分もあり、格好良さも兼ね備えています。

 

自転車用ヘルメットってほとんどが発泡スチロールで出来ているのですんごい軽量です。2歳になったばかりの娘でも軽々と身につけているし、これで頭が振られることもありません。自転車用のヘルメットの特徴はいくつもの穴があいていて、空気の通りがよくなっています。(ベンチレーション)

 

IMG_5758

手前側両サイドの穴にはバグネット(虫除けのアミ)が装着されています。虫・・・入ってきたら気持ち悪いですからね。

IMG_5775

本体はほぼ9割くらいが発泡スチロールで出来ています。すごく軽量ですが手荒く扱うと(乗ったりしたら?)割れてしまう可能性もあるかもしれません。頭頂部にスポンジがあり、側頭部はベルト式になっていて頭にピッタリフィットさせることができます。

 

 

IMG_5776

側頭部の調整はこ後頭部側にあるこのダイヤルで行います。お子様に被せた状態でダイヤルを締め込んでいき、軽く頭を振ってみてズレが無い程度に締め込めばOKです。娘の母子手帳を見てみたら頭の大きさが47.5cmだったのでXS/S(48~54cm)を購入しました。

 

IMG_6021

うちの娘のヘルメットだと一目で分かるようにカエルのシールも貼りました。娘も「ゲロゲロー!ゲロゲロー!」とテンション上がります♪

 

 

肘と膝が守られてると安心感ハンパナイ!

IMG_5726

これもAmazonで購入。子供用プロテクターよりさらに小さい「ミニミニプロテクターセット」です。しかも両肘と両膝のセットで1300円くらいです。お買い得♪

 

IMG_5781

これといって大きな特徴は無いのですが、ブルーとピンクの2種類があります。右側用にはタグが付いているので装着の際に分かりやすいです。一般的なマジックテープ止めで装着も楽チン!

 

IMG_5779

2歳の娘にはまだベルトが長過ぎなのですが、このプロテクター以外だともう少し大きいものしかありませんでした。大きくなったらまた買い替えればいいですかね。あとは手のひらを守るグローブなど欲しいところですがコレといったものがまだ見つかっていません。

 

僕も昔ローラースケートをやる際にサポーターを付けていましたが、あるのと無いのとでは「安心感」が全然違うんですよね。「転んで痛い思いをする」と思うだけで余計に力が入ってしまいまた転んだりします。「転んでも痛くない」と分かっていればよりチャレンジしながら乗り方を覚えていくのではないでしょうか。

 

これらの保護具は購入しても数千円程度なのでケチらずちゃんと揃えておきましょう。

ヘルメットなどはなかなかデザインも可愛いのが多く、どれにしようか選ぶ楽しみもあって面白いです♪

 

コメントなどお気軽にお書き下さい。

 

 

必ず返信します♪ヽ(´∀`)ノ小躍りして喜びます☆