なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

売ってるものは良いものだけど、自分で手を加えると愛着をもつ焚火台。「作成と改造」

この前釣りから帰ってきた後、遼君が焚き火台が欲しいというのでうちに余っている材料でいっちょ作ってみることにしました。ステンレスの板は加工が大変なので「切る」作業が一番疲れます。まぁザックリ切ってあるので遼君にはバリ取りだけやってもらいました。

IMG_0584 IMG_0585

プレスという機械で板の状態からこのような形状でバッツンバッツン抜いてあるなら組み立てるだけで簡単で良いんですけどね。それだったら本物のマジックフレーム買いなってお話ですが。

何度も言いますが僕は本物のマジックフレームが欲しいです(・∀・)買ってー!

 

今までにこのタイプの焚火台を4つ作ってきましたが、友人が結婚するたびに贈り物としてプレゼントしてきました。(使ったやつだけど)

最近アウトドアに興味を持ってきた遼君はついこのまえ誕生日だったということでこれをプレゼントしました。

IMG_0587 IMG_0588

僕がやったのはTIG溶接だけですが、チャッチャとやったわりに自分の持ってるやつより良く出来上がってちょっと悔しい(´Д` )

本人も喜んでくれたので良かった良かった☆

 

IMG_0586

 

自分の焚き火台を改造

IMG_0637

さて、僕の焚き火台の方はこの前使ってみてどうも空気穴が必要だろうということで、6カ所ほど穴をあけてみることにしました。空気穴としてあけるので目標は12mm、あまりに小さいと無意味であるのは以前に確認済みです。

 

IMG_0639

治具というほど立派なものではありませんが、穴あけの際に箱が歪むので内側に木材を入れてみました。

治具とは「あるモノを作るための道具」のことです。治具を作ることでその道具作りが格段にやりやすくなります。まぁ今回は木材切ってぶちこんだだけです。

 

IMG_0640

ケガキをしてポンチを打って穴をあけます。小さいドリルから段々と大きなドリルに替えて・・・だいたい10mmあたりから難しくなってきます。

1mm厚のステンレスはドリルの刃が食い込むんですよね。

 

そしてその数分後・・・

IMG_0641

ギャー!!('A`)

 

 

 

IMG_0643

無惨な事故現場のようです・・・。

扉は外れ、穴をあけた部分は大きく歪んでしまいました。とりあえず怪我だけしなくてよかったー!

 

IMG_0644

予想はしてたけど・・・こうなったね。ドリルの刃にこれが食い込んだから、えらい勢いでギュンギュンと焚火台が回ってました。恐怖でした。

 

IMG_0645 IMG_0646

とりあえずラジオペンチを駆使して歪みをなおし、扉の部分は溶接しなおしました。蝶番の部分とか広がって隙間があいてしまいましたが空気の通り道ができたってことでよしとしましょう。

今日のナルホド!!

ステンレスに穴をあけるなら組み立て前にやりましょう!!

IMG_0647

6カ所穴をあけたことでどのように燃えるようになったか後で試してみないとね☆

 

山中タダシFacebook(フォローお気軽に☆)

https://www.facebook.com/tadashi.yamanaka

山中タダシTwitter(フォローお願いします。フォロー返しします。)

https://twitter.com/miapom

山中タダシGoogle+(こちらはあまりやってないけど、フォローお気軽に☆)

https://plus.google.com/u/0/+tadashiyamanaka