なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

軽量・コンパクトな焚き火台の作成☆「ステンレス棒とステンレスメッシュの組み合わせ」

今まで使っていた焚火台は友人ことダーイーにプレゼントしたので、新しく焚火台の作成をしました。
運良く手に入れたステンレスメッシュを使って、ユニフレームっぽい焚火台の作成です。
  20120401_5814
ステンレスパイプは径6mm、長さ386mm
メッシュ部分は250mm×250mm
高さ約250mm
スタンド部分が多少苦労したポイントではあるけど、ちょうど良いアルミの角材を使用したところうまく完成した。
ステンレスメッシュがかなり細かいので高温に耐えうるのか不安だが早速テスト開始。
20130906_1529664
昨晩の雨で拾った薪が湿っているらしくなかなか火がつかなかった。自宅から廃材を持って来て良かった♪
3時間ほど焚き火を楽しみました♪
20120401_5816
メッシュ部分の変色はあれど、穴空きや割れ等は全く無し。
耐久性バツグンでした☆
<<追加>>
20120401_5815
地面から火床までの距離は約20cmです。
20130906_1529661
ステンレスパイプの足は比較的丈夫ですが、4本が重なる部分はアルミの角材を使用していますのであまり重いものは乗せられません。(写真はアルミポットで500mlのお湯を沸かしています)
本体重量すべてコミコミで180g!!なかなか軽量の焚火台です。ウルトラライトな焚火台?!
20130906_1529656
地面から火床まで約20cm
地面からの全体の高さ25cm
 20130906_1529657
パイプを束ねた状態は約40cm
20130906_1529655
組み立て時の火床サイズは22cm×22cm
20130906_1529658

ステンレスメッシュがかなり細かいのでどのくらいの使用に耐えられるのかが気になるところです。使っていきながら様子を見て行きたいと思います☆