なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

両親にも「活動量計」を贈りたい☆

最近身体のことを気にしている両親に睡眠の質とか脈拍とかを常時計ってくれる「活動量計」のことを話したらちょっと良さげなの探して買ってくれと言われました。

関連記事

自分の生活(活動)を記録するウェアラブルガジェットに興味津々!

心拍数ともかく、血圧とかも同時に測れるのあるんじゃないかなぁ〜なんて言ってたのですが・・・そういうのは無いんですね。間違った情報を言ってしまった!!

そこでざっくりだけど自分なりに調べてみた活動量計で良さげな物をピックアップ☆

何を記録したいか、何を知りたいか

うちの両親の場合は心拍数や血圧を知りたいということだったけど・・・血圧を測るウェアラブルガジェットはありませんでした。(ちょっと探してみたところでは)

脈拍を測るようなものだとアクティビティトラッカーといって主に運動をする人がつけるものがメインなんですね。知らなかった!

スクリーンショット 2015-10-13 6.49.40

Fitbit ChargeHR

例えばこれなんかだと歩数や消費カロリー、心拍数と睡眠時間などを記録できます。基本的にはiPhoneなどのスマートフォンにBluetoothなどで通信してデータを転送します。両親がデータを見るだけだったら大丈夫そうですがスマートフォンを使いこなせるかというと・・・もっと単純な方がいいかな。

記録自体はこのバンドを着けて普通通りに生活しているだけでいいので何も難しくはないですけど。

あとはバッテリーが5日間ほどなのでその度に充電しないといけません。

データの見方と、その周辺機器の使い方が分かれば便利だと思われます。

スクリーンショット 2015-10-13 6.47.45

POLAR(ポラール) M400 ブラック(GPSスポーツウォッチ&活動量計)

これもスマートフォンにデータ転送して細かいデータを確認できますが、なによりもディスプレイで直接確認できるのがいいですね。ただやはりスポーツを目的としたものですし、心拍数は計れないので目的が違うかもしれません。

スクリーンショット 2015-10-13 6.50.45

オムロン(OMRON) オムロン 活動量計 カロリスキャン

これはもう・・・高級万歩計ですね(笑)

iPhone/Androidスマートフォンで階段上りや早歩き歩数もデータ管理でき、日々の活動量を知る事ができる。 減量目標を達成するために必要な1日の目標活動カロリーを自動算出し、わかりやすく表示。 目標を達成すると「バンザイマーク」、さらに目標の1.5倍以上のカロリーを消費すると「♪マーク」を表示。

iPhoneアプリにもデータを送れてグラフなどを見ることもできます。オムロンでは他に血圧計や体重計もあってそれらもアプリ対応となっている(ものもある)ので、それらを組み合わせたらもっと便利なんじゃないかと思いました。

スクリーンショット 2015-10-13 6.52.42

オムロン 上腕式血圧計OMRON HEM-7280C

腕につけるけど、もはやウエアラブルではない(笑)

血圧計です。ちゃんと脈拍も測れるし、親が欲しい機能は持ってます。

◆見やすいバックライト機能付き◆スマートフォンやパソコンで、血圧変動リズム管理も可能◆適応腕周:約17~36cm /

これに加えて同じオムロンの体重計も使ってデータ管理できたらかなり良い感じなんじゃないかと思うわけです。

スクリーンショット 2015-10-13 6.55.35

オムロン 【自動電源ON】【4秒測定】【体重50g単位表示】【PC/スマホ対応 Wi-Fi通信機能搭載】体重体組成計 カラダスキャン HBF-253W-BK

◆Wi-Fi通信機能で測定データを自動転送◆乗るだけで個人を推定する「自動認識機能」◆赤ちゃんやペットの体重も簡単にわかる「体重引き算機能」◆測定可能重量:3~100kg(50g単位)、100~135kg(100g単位) / Wi-Fi通信機能で測定データを自動転送 測ったデータは、スマートフォンやパソコンでチェック 測定データは健康サービス「ウェルネスリンク」に自動転送 毎日測定データは、Android/iPhoneアプリの「からだグラフ」やパソコンに、見やすいグラフで表示され、簡単にチェックできる

これらの機器とパソコンまたはスマートフォンをうまく組み合わせれば計るだけで日々記録されていくシステムが構築できるんですね!これらを今使っているものと交換すれば日々の健康管理もより簡単になるし、日々のグラフなどから身体の変化も読み取れてすごく良さそう。

あとはこれらのアプリやサイトがどれだけ見やすくて使いやすいのかが問題なんだけど、今度はそのあたりも色々調べてみようと思います。

なんか最終的に「活動量計」とか関係なくなってきた(笑)