なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

昼飯を抜くことで得られる大きな恩恵

僕は基本的には朝と昼を抜くようにしています。単純に痩せたいと思うダイエット思考でもあり、健康のための1日1食ということでもあります。

しかしもっと大きいことに「昼の時間を自由に使える」というものがあります。

昼飯を抜くと何がどーなる?

とりあえず以下の

  • 食事のために時間を取る必要が無い。
  • 食事しないのでお金がかからない。
  • 場所を選べば自由な時間を確保できる。
  • つまりやりたいことができる。

などがあげられます。 まず食事に関しては急いで食べれば5分くらいで済みます。でもそもそも普段の生活でエネルギーを過剰摂取しているのに昼にまで補給する必要は無いと考えます。そんなに一瞬で済ませる食事には喜びすら感じません。それに、「食べ無いとチカラが発揮できない」というのは単なる思い込みでしかありません。

それに食事をしなければお金がかからないので節約にもなるし、欲しいものを買うための貯金に回せます。一度の食事で安くてもワンコイン(500円)から1000円くらい使いますね。コンビニなどで済ませるならばさらにお菓子や雑誌など買ってしまい千円を超えるかもしれません。こうやってちょっとずつ出て行くお金はほんの少しですが、気がつけばかなりの金額です。

 

そして昼休みの時間を飯以外に使うことを考えれば「自由な時間」を確保できたことになります。

寝不足ぎみであれば昼寝だって立派な時間の投資です。しかし昼を食べてからの昼寝では胃腸が働いているので空腹時の睡眠とは休める量も変わってきます。

本を読んでも良いでしょう。時間がなくて読む暇が無いという人ほど無駄な時間を過ごします。集中して読む時間があれば本から吸収できることもたくさんあります。

マッーサージをして身体をいたわるのもいいですね。僕は足つぼマット(プラスチック製のボコボコの板)を踏んでリフレッシュします。これもご飯を食べた後では胃に血液が集中しているので適しません。空っぽの状態が理想です。

 

僕はいまこうしてブログを書いているのも好きなことの一つです。これらを誰にも邪魔されない昼休みに行えばいいんですね。とっても有意義な時間を過ごせます☆

まとめ

「食べなきゃ無理」という思い込みをすてよう。食べないことでより健康に、より自由な時間をすごせるよ♪どーしてもお腹がすいて仕方ない時は食べますけどね。(・ω・)/