なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

使い勝手の良いノート&メモ考えるとやっぱりコレかな。

手帳も含めノートやメモ帳も色々使ってはいるけれど、何より重要なのはやっぱり「サイズ」ではないかと思うんだよね。 いま持ち歩き用ノートで使っているのはトラベラーズノートブックで、お試しでカクリエのノートを入れて使ってます。トラベラーズノートはA4を三つ折りにしたサイズなんだけど、ポケットに入れるにはちょっと大きい・・・。 A4サイズのプリントなどを挟むには良いかもだけど、いまの自分の環境では挟むことは皆無なんだよなぁ。

モレスキンのポケットサイズが収まりが良い。

ポケットに入れたり、書く紙面の大きさとして個人的にちょうど良いのがモレスキンポケットサイズです。

やっぱりハードカバーだと持って書くのも書きやすいし、手に持って見返すにもやりやすいんです。 とはいっても、モレスキンなんて高価でなかなか手が出ないですよね。僕も一応1冊だけストックして持ってます。持ってるけど、よく使うのはダイソーのモレスキン風ノートのダイスキンです(笑)

仕事ノートとしては最近はずっとこれです。ダイスキンだけじゃなく、100円ショップミーツで買ったミーツキンもありますが・・・モレスキン風ポケットノートという選択です。

だいたい4〜6ヶ月で1冊を使いきります。主に月曜から金曜日までで、1日1〜2ページ書くとそのくらいもちます。

仕事用ノートといっても、基本はメモがほとんどで仕事に関することはほとんど書いてません(笑)

・作りたいと思ったもののアイデア ・ブログネタ ・頼まれたことのメモ ・このあと何をやるかのタスクメモ ・仕事途中の数量メモ

など。

油仕事なので軍手を外したとしても手はギトギトですので、一冊使い終わるころにはノートの小口は真っ黒になってしまいます。

さすがにこのような用途にモレスキンは使えないですよね。え?!使える?

このブルジョワがぁぁぁっ!!!!!

失礼しました。( ´ー`)

仕事でこのように汚れたり、雑記・メモなどはなかなか高価なノートには書けません。モレスキンは大好きなノートですが、高価ゆえに「特別なノート」なんです。 だから特別ではないところではダイスキンが大好きんなんです。100円で買えるし、汚れても破れても精神的に痛くないですからね。

他のポケットサイズのノートやメモ帳だとロディアなんて選択肢もありますが切り離すタイプのものは一覧性が良くないです。また測量野帳というコンパクトノートもありますが、あれだと個人的にページが少ないんです。 どちらも好きなメモ帳・ノートなんですけどね、どちらも100円では買えないという部分もあります。

いま使ってるトラベラーズノートのカクリエも使い終わったら持ち歩きノートもダイスキンが良いかなって思ってます。もしかしたら別なものに興味が湧いてしまうかもしれませんが、それはその時ですね♪

今日のナルホド!!

高価なモレスキンより、100円ダイスキンのほうが紙質が良いとか気にしちゃいけない。モレスキンはそこにあるだけで特別なノート。

 

山中タダシFacebook(フォローお気軽に☆)

https://www.facebook.com/tadashi.yamanaka

山中タダシTwitter(フォローお願いします。フォロー返しします。)

https://twitter.com/miapom

山中タダシGoogle+(こちらはあまりやってないけど、フォローお気軽に☆)

https://plus.google.com/u/0/+tadashiyamanaka

via PressSync via PressSync