なんとか成るログ!(narulog)

釣り・アウトドア、バイク・車、文具、玩具、ガジェット、読書も日記もごちゃ混ぜおもちゃ箱状態な趣味的雑記ブログ。

もう痩せたから大丈夫!なんて食生活を今まで通りに戻したら「体重もちゃんと今まで通り」に戻ってきました。

 去年の9月に興味を持って実践したMEC食(肉・卵・チーズを主食にする)で理想の体重に近づいていたにもかかわらず、こんなにストイックにやらなくても良いかなーと気を抜いて今まで通りの食生活に戻したら・・・

 

去年の9月ごろの体重に戻ってました(てへぺろ)

 

f:id:miapom618:20180415231242p:plain

 

肉や動物性脂肪を大量に食べてたときは体重・体脂肪率の変化はほとんどなかったのに、炭水化物である「米・麺類・パン類」を口にするようになってからはあっという間に体重が元どおりです。やっぱり太る原因は「脂」ではなく「糖質」だということを身をもって体験しました。

 

 

去年メック食を始めた頃は「メック食を摂りながら糖質制限をした方が良い」という情報が多かったですが、今年気がつくようになったのは「糖質」は甲状腺機能を上げるために必要という情報。

 

糖質を制限しすぎてしまうと甲状腺機能が低下して体の代謝そのものを落としてしまうらしいのです。もちろん人によっての差はあるとは思いますが、痩せることにストイックになりすぎて糖質ゼロにばかり気にしているとそういうこともあるよって話です。

 

 

また、糖質ゼロにこだわるあまり人工甘味料ばかり口にすると「砂糖を摂るより害がある。むしろ砂糖をとった方が良い」とも。カロリーを気にしてカロリーの低い人工的な甘さを求めるのではなく、健康のためには砂糖の方が良いらしいのです。

 

メック食をやっている人なら「カロリー表示は関係ない」ということを知っていると思うので、そこまでカロリーに縛られることはないと思いますが

 

「糖質を控えよう」=「糖質を摂ってはいけない」

 

ではないので、その辺りを理解しつつ実践することで健康的に減量もできます。

 

 

 

そんなことを書きつつ自分はダイエットを始めようと思いたった頃の体重になってしまっているわけです。とりあえず今日はご飯も食べてしまったので、明日からまたMEC食を実践していこうかと思っています。

 

 

MEC食関連本の中での僕のおすすめ書籍!!

f:id:miapom618:20180415233555j:plain

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる 渡辺信幸:著

 

メック食関連の書籍は数冊読みましたが、その中でも読みやすいく実践しやすいのがこちらの書籍です。メック食ととは何か、今までの常識はなんだったのか、実践するコツなどが書かれています。

 

メック食を体験して得られた効果など、症状別にわかりやすく書かれております。その患者さんが1日どのようなメニューで過ごしたのか、どんな経緯でメック食を始め、どんな実際にどのような効果が得られたのか。ここを読むだけでも「よし!自分もやってみよう!」と思います。

 

 

メック食体験談に書かれているのは以下の項目

 

  • ダイエット
  • 1型糖尿病
  • 高血圧
  • 関節リウマチ
  • 発達障害(自閉症)
  • 子供のアトピー
  • 不妊
  • メンタル(双極性障害)
  • 円形脱毛症

 

これらの症状について患者さんのBefore、afterの写真があるのでその違いに驚きが隠せません。ちなみにうちの母も高血圧気味なのでMEC食を実践するようになりました。

 

 

肉と卵とチーズを主食にするというと・・・あらゆる疑問が浮かんできますよね。

野菜食べなくちゃダメだろう!タンパク質、コレステロールの取りすぎになる!脂の取りすぎが怖い!チーズ食べすぎて塩分の心配が・・・などなど。

 

これらのメック食に関する素朴な疑問は第6章のMEC食Q&Aに載っているので「メック食に興味はあるけど・・・」という人はここを読んでみることをおすすめします。

 

 

とりあえずは何よりも、元に戻ってしまった自分の体型をどうにかしたいところです(笑)

 

 

 

 

 

関連記事

8079tdc.hatenablog.com