なんとか成るログ!(narulog)

釣り・アウトドア、バイク・車、文具、玩具、ガジェット、読書も日記もごちゃ混ぜおもちゃ箱状態な趣味的雑記ブログ。

暖かくなってきたし、そろそろ釣りに行くぞ!釣りに行く前にやっておきたいリールメンテナンスとロッドのガイド修正。

日曜日に友人と釣りに行く約束をしてるんですが、その前にやっておきたいこと。それがリールのメンテナンスとロッドのガイド修正。

 

f:id:miapom618:20180317010142j:image

スピニングリールはABU cardinal33(カーディナル33)で中学生の時にお時玉で買った復刻のもの。主管理釣り場でトラウトにも使っているんだけど、ドラグが下側にあって操作しやすいのがお気に入り。あとこのオールドな見た目ね。

 

スプールの溝が深いから中心付近のラインなんて癖がつきまくりだし、巻くたびにチリチリと音の鳴る古代のリールだけど、この見た目と雰囲気がなによりも好き。

 

しばらくメンテしないで管釣り行ったらベイルアームが戻らずに空回りしちゃったりして、こりゃアカンなぁと反省中。

 

 

f:id:miapom618:20180317010715j:image

ベイトリールはABUアンバサダー5000Cで、同じ生まれ年の1983年製。アンバサダー使うなら同じ生まれ年がいいよなーと長年思ってたらリサイクルショップで見かけて、欲しいけど買わずにスルーして、いつまでも売れ残っているので運命だと思って買ってきた逸品!

 

欲をいえば5500Cのハイスピードギアのモデルがいいのだけど、ギヤだけ買ってチューンすることもできるし、当時のまま、オリジナルのまま使うのも味があるだろうと思ってローギヤのまま頑張ってセコセコリトリーブしてます。

 

これは前に全バラしてオイルアップ、グリスアップしたけど最近は何もしてないので簡単なオイルアップくらいはやらなきゃね。

 

 

それともうひとつやりたいのが自作ロッドのガイド位置修正。位置もだけど、ちゃんと巻き直したい。

 

 

f:id:miapom618:20180317011450j:image

こちらスピニングロッド。ソリッドグラスのショートロッドなんだけど、手前のみスピニング用ガイドでそれ以降がベイト用ガイド。

f:id:miapom618:20180317012102j:image

 

f:id:miapom618:20180317012111j:image

 

今から約20年くらい前(中学生当時)に作ったものなんだけど、折れたロッドの部品を集めて作ったのでよく考えないままこの形になりました。

 

ベイトにしてもスピニングにしてもガイドのライン抵抗が大きいので飛距離出ない。とりあえず丈夫だけが取り柄のグラスロッド。

 

ガイド取り付けも糸巻いて瞬間接着剤で固めただけ!

 

もともとはベイトロッドとしてつくったので竿のしなり方向も逆。だけど今までで1番大きなバス(46センチくらい)を釣ったのもこの竿。

 

 

 

f:id:miapom618:20180317012513j:image

f:id:miapom618:20180317012526j:image

こちらはベイトロッド、同じくソリッドグラスのショートロッド。僕が1番最初に作った竿。グリップのみアンバサダーに合わせて数年前にリニューアル。

 

f:id:miapom618:20180317012733j:image

糸巻いて瞬間接着剤で固めて収縮チューブで補強。中学生の工作程度の竿だけど、20年近く使えてる。そして僕が1番信頼してる竿。

折れない!という信頼感ね(笑)

 

 

グラスとしてはもう限界ってくらいにヘタってしまっていると思うんだけど、まだまだ使えそうな感じだし使っていきたい。どんなに雑に扱っても今まで使ってこれた丈夫さ。

 

f:id:miapom618:20180317013143j:image

これなんて先端付近は細い収縮チューブが無くてビニールテープを巻いてライターで溶かして無理やりくっつけてあるんだぜ。(中は縫い糸巻いてアロンアルファ)

 

こんなやっつけ仕事なロッドだけど釣り上げた魚は数知れず。ここらでいっちょリニューアルしてやろうと思い、ガイド巻き直しを検討中。

 

昨晩ネットで情報を集めてたんだけど、調べれば調べるほど・・・面倒くさい・・・(笑)

 

とりあえずエポキシとか実家から持ってきたし、ジャンクロッドからガイド集めてベイト用・スピニング用としてこぎれいに作り直してあげたいね。

 

日曜日の釣りには間に合わないけど近いうちに作業に取り掛かりたい♪