なんとか成るログ!(narulog)

釣り・アウトドア、バイク・車、文具、玩具、ガジェット、読書も日記もごちゃ混ぜおもちゃ箱状態な趣味的雑記ブログ。

友達に勝手に布教シリーズ1「焚き火台」は小さいのと大きいのがあると良い!

最近友達が焚き火台を作ってたりして、ちょっとずつアウトドアな雰囲気を醸し出してきたのでここら辺でテコ入れをしてこっち側にズルズルと引き寄せたいと思います。

 

つい先日も焚き火台を改良したというので見せてもらったら、結構手間かけて作業しつつ試行錯誤しながら楽しんでいる様子。いいよね、自作。作ってること自体が楽しいし、「こうしたらどうだろう?」「この組み合わせはどうだろう?」と考えるのもすごく楽しい。

 

そこで、オススメの焚き火台を紹介したい。

焚き火台といっても、まずは大きさをどうするか。

 

ソロ(一人)で使うなら正直両手に収まる程度のサイズで十分楽しめるし、調理も可能。サイズにしてA4サイズ程度の面積があれば十分なくらい。

しかし3人4人・・・家族で一緒にやろうと考えるとそれじゃあ小さすぎるので大きな焚き火台が欲しくなるよね。

 

家族とか数人で使う焚火台ならこれがいい!

f:id:miapom618:20180203003224j:plain

有名どころだとスノーピーク焚火台L

 

何がLサイズってね?大きさだけじゃない、値段だってLサイズだ!

 

 

f:id:miapom618:20180203003321j:plain

大きい焚火台は何がいいって、市販の薪をそのまま投入できることだよね。薪自体が大きなものを入れられるので火の持ちがいいし、大きな火は「焚火やっている感」も十分。自分は勢いでこれを買ってしまったけれど、もっと安く準備できて、焚火台にうってつけのモノがある。

 

 

f:id:miapom618:20180203003539j:plain

ネットで見つけた画像で申し訳ないけど鉄ホイール焚火台

 

そのまま薪を投入できるし、元々穴も空いているので空気穴もバッチリ(写真のやつは穴追加してるね)だし、鉄板厚いから丈夫だし。これは本当にオススメ!もしスノーピークの焚火台壊れたら(壊れそうにないけど)次はこれ作ろうと思うくらいだね。

 

上の写真ではホイールに足をくっつけているけど、レンガとかブロックを2つ、3つ組んで乗せるだけでも良いと思う。鉄ホイールならモノによってはタダで手に入るだろうし、サイズも様々なので自分の気に入ったものを選んだら良い。ミニ用なら小さいソロ焚火台になるだろうし、トラック用なら大人数での焚き火台になるね!!(持ち運び辛いと思うけど)

 

 

一人用焚火台もいろいろあるよ!

f:id:miapom618:20180203003809j:plain

こちらもネットで見つけた画像で、100円ショップで揃うステンレストレーや網を使った焚火台。これなら使い終わった後に分解できてコンパクトにできていいね!

 

 

 

ちなみに僕はこんなの使ってる。

f:id:miapom618:20180203004105j:plain

フランスのマジックフレイムをパクったインスパイアした自作焚火台。我ながらよく出来ていてお気に入りの一品。自画自賛ってやつ。

 

カチャカチャと折りたためば厚さ2センチ程度になり、分解することもないのでパーツをなくすこともない。オールインワン!

f:id:miapom618:20180203004435j:plain

 

f:id:miapom618:20180203004702j:plain

これで網のせて焼肉できるかっていったら面積狭すぎだけどね。鍋類使った調理なら火力も強くていい感じ。

他にも気になる焚火台はあるんだけど、今はこれで間に合ってるかな。

8079tdc.hatenablog.com

 

1〜2人くらいなら小さい焚き火台で良いけれど、3人以上ならある程度の大きさの焚き火台を選びたい。

 

ソロ用焚き火台のメリットは軽くてコンパクトなので持ち運びがしやすい。デメリットとしては投入する薪を小さくしなきゃいけないこと。炭を使って焼肉とかやりたいなら面積が広い方が良いだろうし、鍋類使ってお湯を沸かすとかお米を炊くとかなら火の出口が小さい方が熱効率が良い。

 

自分がどういうスタイルで使うのかを考えて選ぶのが良いかもね。

 

 

大きい焚き火台だと大きな薪を投入できるので火の管理が比較的楽。買った薪もそのまま投入できるし、広い面積を生かして調理しつつ焚き火も楽しめる。デメリットは大きさと重さ。車でも持ち運びが前提になるし、スノーピーク焚き火台Lなんかだと女性一人で持つのは難しい。自分だってあれ運ぶのには気合いるもんね。

 

また大きな焚き火台だとダッチオーブンやスキレットなんかで大人数の料理をまとめて作れたりできるのも良いね。

 

 

火は見ているだけですごく良い気分になれる。

 

火を見ているだけでコーヒーがうまい。

 

火を見てるだけで酒がうまい。

 

そんな火で作る料理がどれもうまい。

 

 

 

焚き火サイコー!!!