なんとか成るログ!(narulog)

釣り・アウトドア、バイク・車、文具、玩具、ガジェット、読書も日記もごちゃ混ぜおもちゃ箱状態な趣味的雑記ブログ。

過ぎちゃったけど「12月1日は手帳の日!」ってことで来年の手帳は今のところシステム手帳でいこうと思う。

昨日書くつもりだったんだけどさらに日付も超えちゃって3日になってるけど気にしない。12月1日は手帳の日です☆

 

手帳の日

「能率手帳」を発刊している日本能率協会マネジメントセンターが制定。

翌年分の新しい手帳を準備する時期であることから。

12月1日 今日は何の日〜毎日が記念日〜より引用

 

TwitterでもFacebookでも来年の手帳に関してたくさんの投稿が見られます。

能率手帳、ジブン手帳、ほぼ日手帳、超整理手帳、モレスキン、トラベラーズノートなどなど・・・そのほかたくさんの手帳があってどれにしようか迷います。

 

僕が今年使っていたのはほぼ日手帳weeksです。

f:id:miapom618:20171203004554j:plain

 

 

8079tdc.hatenablog.com

 能率手帳ゴールドが気になってたけどほぼ日手帳にしました。

山羊革が使われているゴージャス版です。

 

スケジュール手帳はポケットに入れて持ち運べる方が便利だろうとこれを選びましたが、そもそもそんなにスケジュールが詰まっていない僕の私生活。

しかもポケットに入れると折れ曲っちゃうのが嫌で結局はカバンにしまい込むことになりました。

 

なんだかんだで10月に入ったくらいから使わなくなり・・・

 

 

ノックスブレインのルフトというシステム手帳(バイブルサイズ)に乗り換えました。

それなので来年も引き続きシステム手帳を使って行く予定です。

 

f:id:miapom618:20171203005327j:plain

左が昔使ってたBREEのシステム手帳(バイブルサイズ)リング径30mm、右がLUFTでリング径11mm

 

ルフトはリング径が小さいので挟めるリフィルは少ないですが、180°開くので薄くて軽いノートのようなシステム手帳です。

 

約半年分のカレンダー(マンスリー)を入れています。

f:id:miapom618:20171203025608j:plain

僕の場合はスケジュールといっても週単位、1日単位で細かく書くようなものはないのでマンスリーで事足ります。

 

 

マンスリーページ以降は全てLIFEの方眼ノートを入れています。

f:id:miapom618:20171203025900j:plain

 1日1ページのリフィルを使ったこともありますが、書くことが多い場合は1ページでは足らなくなったり、逆に書くことがあまり無い場合は白紙リフィルがどんどん増えてしまいそれがストレスになりました。

 

かといって週単位のウィークリーだと書くスペースが少なすぎるし、ものによっては土日のスペースが平日の半分だったりして僕の使い方には合いませんでした。

 

白紙や方眼ノートの場合は使い始めるページの一番上に年月日を記入するだけです。基本的には1日1ページのつもりで使いますが、書きたいことが多い場合はそのまま次のページに書き進めます。

書くことが全く無い場合は途中に年月日を書き入れてそこから書き進めます。ようは時系列に使っていくということです。

 

 

ある程度書きたまってきたら携帯カメラでスキャンしてEvernoteに保存し、リフィルの方はBREEに移します。減った分のリフィルをルフトに追加することでいつでも書き足せるスケジュール帳兼ノートとなります。

 

普段はルフトを持ち歩いてスケジュール帳として使用し、BREEのシステム手帳は母艦として家に置いておきます。出先で母艦にある情報を確認したい場合はEvernoteを使って検索すれば探し出すことが可能です。

 

 

理想は・・・そんな感じです。

 

しかし残念ながらここ最近は手帳を開く機会が少なくなり、なおかつ読み返すということをほとんどしていません。自分の生活習慣の中から「手帳を使う」という割合が激減してしまっています。なんでかなぁ、スケジュールに支配されてないからかなぁ。

 

だからこそ「自分がやりたいこと」「なりたい自分」について見つめ直し、自分との対話をするために手帳を活用していきたい。そんな意味を込めてルフトを手にしたわけです。方眼ノートは自由すぎるからこそ何をどう書いていいか迷います。

 

決まったフォーマットの手帳であればどこに何を書けば一目瞭然なので迷いなく書けますが、システム手帳は「自分なりの使い方」が出来上がるまでにある程度の時間を要します。慣れの問題もあるし、好みの問題もある。そこが面白い部分でもあれば面倒な部分でもあります。

 

 

久々のシステム手帳を使いこなすべく、試行錯誤しながら自分の使い方を見出していきたいですね☆