なんとか成るログ!(narulog)

釣り・アウトドア、バイク・車、文具、玩具、ガジェット、読書も日記もごちゃ混ぜおもちゃ箱状態な趣味的雑記ブログ。

モーラナイフのエルドリスが気になる。でもモーラの「クラシック2改」をもう少しイジって見ようかな。

モーラの小型ナイフに「エルドリス」というモデルがあります。

 全長が150mm未満で刃の長さも60mm未満の小さなナイフです。

刃が小さいナイフの場合、柄の部分も小さい傾向になりますが

エルドリスは男性が握ってもガッツリ握れるサイズの柄になってます。

そのためちょっと力を入れて作業する場合でも不安は無いし、

刃が小さいのですごく取り回しのいいナイフなんだそうです。

いろんなサイトでレビューとか感想読んだ。

 

 

ただモーラナイフの中ではお値段ちょっと高め。

いや、他のモデルが安すぎるだけかもしれないけど、

メインナイフになる他のモデルの方が安くて

ちょっと特殊なエルドリスの方が高いので

いまいち手を出しにくいです(笑)

 

 

でもね、僕にはそう「モーラナイフクラシック2改」がある!

f:id:miapom618:20171027012632p:plain

上はオピネルNo.8 嫁ちゃんと結婚する前に

クリスマスプレゼントでもらったやつ。

(もらったというより、ねだった)

 

下がモーラナイフクラシック2の柄を作り直し、

かつ刃を短くしたやつ。

 

 

何で短くしたかというと、

当時プーッコと呼ばれるフィンランドの

ナイフが欲しかったから。

 

小型のナイフが欲しくてちょっと作り変えたもの。

自分でわざわざ小型のナイフを作ったんだから、

あえてエルドリスを買うこともない・・・とも思う。

 

 

エルドリスでできて僕のクラシック改でできないこと。

それはファイヤースターターで着火すること。

f:id:miapom618:20171027005437j:plain

小型ナイフとファイヤースターターがあれば

焚き火だって自由自在!(焚き火のテクニックは必要)

僕の持っているファイヤースターターには金属板が

付いていて、それで着火することが可能。

 

 

でもエルドリスだと、刃の裏側で直接スターターを

削って火花を飛ばせる。

f:id:miapom618:20171027005812p:plain

ナイフ一本で何かができるというのが男のロマン!

 

ナイフだけで火花パチパチ飛ばしたいやん?

 

 

 

f:id:miapom618:20171027010157j:plain

右側のオピネルではね、ちょっと弱いけど火花飛ばせた。

左のクラシック改はというと、見ての通り角が滑らかなので

マグネシウム削れません。

 

 

f:id:miapom618:20171027010602j:plain

とりあえずこの角が立つようにヤスリで削っちまおうかと

思います。

せっかく黒錆加工したけど・・・

気が向いたらまたやればいいもんね。

 

そんでもって一番重要なのは

シース(鞘)が無いということ。

もともとプラスチック製のものがついていたけど、

柄の形状とか変えちゃったから入らない。

入ったとしてもバランス悪いしね。

 

今週末に時間があればシース作りやろうかな。

レザークラフトの道具も友人に貸す約束してるし、

早くやらないとずっと貸せないし。

 

とりあえずシース作ればいいと思ってたけど

せっかくなのでエルドリスのような

首掛け式の鞘もいいかもしれない。

 

 

エルドリスより30mmほど長いので、

首にぶら下げてたら相当邪魔かもしれないけど

何となく作ってみたい。

邪魔ならベルトに付けられるようにすればいいだけ

だしね。

 

そもそも鞘がないのは、マタギナガサの柄の部分を鞘に

して「仕込み刀」のように使うのが目的だったんです。

(写真は後で載せる予定)

 

大きい刃物とちっちゃい刃物が二つで一つ!

この組み合わせって使いやすいと思ったんだけど、

ナタの柄の中に刃物あると神経使うんだよね。

無くしそうで不安になる。

 

だからやっぱり鞘作んなきゃダメだ!