なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

最近またシステム手帳が欲しくなってしまい、過去の行動を悔やんでいる。

ツイッターとか見てるとさ、流れてくるんです「システム手帳」の写真たちが。

 

システム手帳って使っていると分かるけど嵩張るし重い。一年で使い切りの手帳ならポケットに入るし薄いし軽くて邪魔にもならない。

 

だけどやっぱり「モノとしてのかっこよさ」はシステム手帳にかなわない。閉じ手帳や閉じたノートは使い終わったらあたらしいものに交換だけど、システム手帳は中身(リフィル)のみ入れ替えて使うから基本的に外のカバーは何年も前使うようになる。

 

そこに「その人なりのストーリー」が刻まれていく感じがして格好いい。

 

f:id:miapom618:20170719225328j:image

 そんなことを考えながら手帳の本を見てると、A5サイズが大きくていいけど、閉じた持ち歩くならポケットサイズがいい?でもそれなりに書くスペース考えるとバイブルサイズがいいかな・・・なんて思考を巡らせてしまいます。

 

 

f:id:miapom618:20170719225516j:image

ヌメ革でオーダーしたシステム手帳も眠ってるんです。今はちょっとお休み中。

 

今現在は雑記ノートでメモを取り、ほぼ日weeksがスケジュール帳となっていますが少しずつデジタルに移行してます。

 

f:id:miapom618:20170719225841p:image

Lifebearというクラウド手帳にスケジュールを書くようにし、それ以外のメモなどはPostEver2というライフログアプリでEvernote内にデータが残るようにしています。

 

Lifebearはパソコンからもアクセスできるのが便利かなと思ってます。正直なところまだ全然使えていないんだけど、「使いこなせるようになりたい」とは思ってます。

 

だけどちょっとしたメなどはアプリ開いて打ち込むよりもペンでササッと書いた方が早いのも事実です。仕事中にスマホを出すのも手が油だらけで躊躇しますからね。

 

それなので基本的にメモは雑記帳にアナログで手書き、仕事終わりなどにライフログアプリのカメラで写真データとして保存してます。

 

 

でだ、

 

 

頻繁に見ると必要のあるものや、確認が必要なデータなどはいちいちさがすのが面倒なんです。Evernoteの検索機能はなかなか優れているのは事実なんですが、いちいちさがすのが面倒くさい。

 

必要な大切なデータは手元にも置いておきたいってことでもう一度システム手帳を使いたい欲求が生まれてきたんですな。

 

 

f:id:miapom618:20170719230414j:image

 ドイツのBREEのバイブルサイズシステム手帳。・・・を、染めてしまったやつ。

 

そこそこいい値段したのでもう一度使いたいなってね。でもね、中のリングをぶっ壊して外してしまったんですよね。手帳カバーとして使おうって。

 

(´・ω・`)やらなきゃよかったなと今になって思います。

 

 

 

f:id:miapom618:20170719230850j:image

この矢印部分の金具の突起部分を修復すればまたリングを取り付けることが可能なんです。

 

システム手帳本体を買うよりもこのカバーを使いたい。金具部分はハンマーでぶっ叩いてしまったけど修復したい。(たぶんできるはず!)

 

と、考えている次第です。