なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

「漢(おとこ)ならパワータンクで魅せてやれ」uni油性ボールペンを愛す

定期的にこのボールペンの記事を書いている気がする山中です。

普段使いでも仕事の時でも大好きな「uni パワータンク」という油性ボールペンです。

 

f:id:miapom618:20170713225752j:plain

仕事では手が油で汚れるのでグリップにゴムが無い「スマートシリーズ」を使っています。グリップ部分にゴムが付いているものは「スタンダード」になります。

 

スマートシリーズの良いところは全部がプラスチックなところ!

 

昔のボールペンみたいですよね。とてもシンプルかつ実用的!

仕事柄、油で手が汚れるのでササッと拭いて使えるボールペンが良いのです。これがゴムのグリップなんかだと油を吸ってしまったり、油でゴムが劣化してベトベトになったりして使っていて気持ちよくない。

 

油で滑りやすいかもしれないけど、余計なものが付いていないことが精神衛生上とても良い。

 

パワータンクの詳しい説明は以下のサイトで見てみてね!

 

f:id:miapom618:20170713230522p:plain

パワータンク スマートシリーズ | POWER TANK | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

 

 

 

そんな愛すべきボールペンの「パワータンク」ですが、今日はリフィル(芯)の入れ替えをしてみました。

f:id:miapom618:20170713230615j:plain

 

今現在0.5mmの芯ですが1.0mmに交換します。その他0.7mmもありますが、僕は太いボールペンが好きなので1.0にしました。

 

交換は簡単で、ノック部分にあるクリップ部を反時計周りに回すと外すことができます。あとは中の芯を取り出して入れ替えて元に戻してハイ終了!

 

 

細かい部分への書き込みなどは標準的な0.5mmで良いと思いますが、僕は仕事中はメモを取ることが多いので1.0mmに交換しました。

 

f:id:miapom618:20170713230954j:plain

上が0.5mm、下が1.0mm

 

太い線を描けるのでインクの消費も早いですが、これほど見た目に差が出てきます。

男なら「太く強くたくましく!!」

 

 

こんな太いボールペンだとメモ書きだって気持ちがいい!!

 

 

素早く書いても空気圧でインクを押し出しているのでカスれることもありません。ペン先が上向きだって加圧してるから問題なし。紙が水で濡れてたって、多少油を吸ってしまってたって書けちゃう!

 

 

 

嗚呼最高なボールペンだこと♪