なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

ブログには行動だけではなく思考も書いていきたい。簡単そうでなかなか出来ない。

僕がブログを書く理由としては「行動の記録を残す」というのがメインで、ようは自分が生きた証をちょっとでも残したいというのがあります。

 

たとえば「こんなもの作りました!」という手順を公開すればそれに興味を持って持った人も同じくできるような。しかもそれをいつやったかがブログであれば日記のような感じで書き残せます。

 

同じようなものに興味を持った人が見にきてくれたり、コメントを残してくれたり、普通では出会わない人同士でコミュニケーションが取れるのもブログの良いところです。

 

 

もうひとつ、ブログで書き残したいものの中に「思考」があります。はてなで有名な人といえば「Chikirinの日記」でお馴染みのちきりんさんですが、ちきりんさんのブログでは日記と言っても行動の記録ではなく思考の記録だと本の中に書かれていました。

 

 

考えたことを書くのって何だか難しく思えます。結論だけを述べたら何も考えていないように思えるし、プロセスを事細かに説明すると「じゃあ何が言いたいの?」ってなる。

 

もちろん頭の中ではあれこれ考えて導き出した答えがそれなのに、いざ文字にして書き表わそうとすると途中で「面倒くせぇ!」ってなってしまいます。

 

 

ただこの前読んだ本には「書くことは考えること」とあり、考えたことは言葉にできるようなことが書かれていました。

 

つまり面倒になって書くことを放棄してしまっている僕は、結局のところ「何も考えていない」っていう結論を自分で導いてしまってる?

そういうことだよね?

 

 

例えば

A.僕はリンゴが好きです!

 

という答えと、

 

B.僕は果物の中ではリンゴとバナナとオレンジが好きなんだけど、朝食べるなら手軽に食べられるバナナで、食後なら・・・栄養面で見てもリンゴとバナナとオレンジを比べると・・・様々な点を総合的に見て・・・

僕はリンゴが好きです!

 

 

結果的にはAもBも「リンゴが好き」ってことで、一応頭の中で色々と考えてはいるけど書くことを省いてしまい、僕はAの書き方を選んでしまいます。

 

 

なんか・・・ブログを書くことが向かないのかなぁ。書くのが好きなのに、面倒に感じてしまうのは「好きではないから」なのかもしれないな。

 

いや、そもそも嫌いだったらこんな風に書いてたりしませんけどね!!

 

ただ、今度からは考えてる過程とかそういったものも書く努力をしていこうと思います。