なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

スケジュール帳とは別に「なんでもノート」が僕には必要だった。

僕は手帳が好きで今まであれこれ悩みながら様々なものに手を出し出しては乗り換え・・・今でも手帳地獄に陥っています。

 

手帳が沼とか、手帳ジプシーとかいいますね。

 

もともとはユビキタスキャプチャー(ライフログのようなもの)に興味を持ち、モレスキンを買ってやってみたのが始まりです。

 

ノートから始まり、その後に手帳を持つようになってズブズブと手帳沼に入って行きました。

 

 

しばらく前は手帳の他にノートから数冊を持ち歩いていて、いつもカバンはパンパン。やっと細菌になって手帳(スケジュール帳)とノートの組み合わせで落ち着いてきました。手帳もノートもそのサイズとかで悩んだりするんですよね。とことん悩んで自分にピッタリなものを見つけたらいいと思います。

 

 手帳はほぼ日手帳weeksを使っていて、とりあえずポケットとかカバンに入れやすいサイズで選んでみました。

 

この他にノートは手のひらサイズのロルバーンとか使っていたんだけどどうもしっくりこない。僕には最低でもほぼ日手帳オリジナル(文庫本サイズ)くらいないと「書くぞー」という欲求が出てこないようです。

 

f:id:miapom618:20170605233713j:image

最近購入した岡本太郎のほぼ日カバー。中には無地のノートを入れており、主に絵を描いたりアーティスティックに使おうと持ち歩いていました。

 

が、しかし。僕はそんなにアーティスティックではない。絵を描いたりする機会があまりありません(笑)

アーティストでありたいと思うものの、思いと現実は裏腹でなかなか思うように使えていませんでした。

 

 

なにも使わずに持ち歩いているのもアホらしい。行動記録とかちょっとしたメモとかはEvernoteのアプリに保存したりするのだけれど、思いの丈をぶつけるのは紙に書きたい!

 

けれどスケジュール帳では書けるスペースも限られてる、ロルバーンミニサイズはミニすぎて書く気にならない!だから文庫本サイズのこのノートに書いてやろうと思って、ノートを見どんなふうに使っていきたいかっていう想いをぶつけてみたわけです。

 

f:id:miapom618:20170605234529j:image

夢中になって18ページも書いてたよね。

筆記用具もあれこれ替えながら。ボールペンでの書き心地、万年筆での書き心地・・・紙の上にペン先を走らせる感覚がとても気持ちよくて一心不乱にずっと描いてた。

 

 

僕はノート類が好きでアレもコレも使いたいって思うから「◯◯専用ノート」というのを作ってしまうんだよね。その度に使い切れずに中途半端なノートが量産されてしまう悲しみ。

 

だからやっぱり、何でも書き込める「なんでもノート」を1冊持った方が最後まで使い切れるし情報の一元化ができてよい。アイデアも買い物のメモ書きもブログのネタも愚痴や悪口もとりあえずこれ一冊になんでも時系列に書いていく。

 

 

初めてユビキタスキャプチャーを始めたときのような感覚で取り組んだら懐かしさとともに頭の中がスッキリするくらい書き出すことができた。

 

今使っているノートの方他にも「トラベラーズノート使いたいな!」とか「ノーブルノートつかいたいな!」という願望があるんだけど、まずはこのノートを使い切ったら乗り換えるぞ!と思えば次の楽しみにもなるしね。

 

スマホのアプリでメモとか雑記を書けるけど、あえて紙とペンを使ってアナログで書きなぐるとそれにつられてどんどん頭の中から言葉が引きずり出される感覚があってキモチヨイ!

 

デジタルの便利さとは別に、アナログによる創造性が刺激されるのかもしれないね!さぁ皆んなもノートを持とう!!