なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

自転車のチェーンが外れやすくなったら「チェーン調整」やりましょっ!

息子から「最近自転車のチェーンがやたらと外れる」というので重い腰を上げて整備することにしました。

 

昔はよくバイクいじりなんぞしてたんですけどね!キャブレター外したり、マフラー外したりパパッと作業をしていたのですが自転車ってどうも昔から苦手です。

 

f:id:miapom618:20170604225242j:image

チェーン調整は簡単(なはず!)です。

タイヤの軸のボルト・ナットを緩めて、後ろについている小さいナットを締めこんでいけばチェーンを張ることができます。

 

 

工具を準備しよう!

f:id:miapom618:20170604225441j:image

作業自体は簡単ですが素手では緩められないので工具を準備しましょう。自転車によりますがうちの場合は15mmのメガネレンチが必要でした。

 

f:id:miapom618:20170604225954j:image

ちなみにサイズのあっていないスパナやモンキーレンチで無理やり回そうとするとナットやボルトの頭を潰してしまう(通称 ナメるという)ので注意しましょう。

 

僕はものぐさなのでモンキーレンチでいいかなーと思ったらやってしまいました。

 

ここのボルトが緩められたら背後にある小さなナットを締めこみます。

 

 

f:id:miapom618:20170604230214j:image

この金色っぽいやつです。これを締めこむとネジが引っ張られ、チェーンが引っ張られる構造です。10mmのメガネレンチを使いましたが、そんなにチカラを必要とする馬車でもないのでスパナでもいいですね。

 

 

チェーンを張れたらタイヤの軸のボルト・ナットを締めこんで作業終了です。工具があれば15分くらいでできます。

 

チェーンのサビも目立ったのでとりあえずCRC(呉5-56)を吹きかけておきましたが、そんなに持たないと思うので後で適当なエンジンオイルでも塗っておこうと思います。

 

 

とりあえずこれでチェーンが外れるトラブルもなくなることでしょう!