読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

[日記]ライフログと100年日記を書きつつブログでも日記を書き続ける意味を考える。

iPhoneのアプリでライフログと100年間日記を書くことを決めたわけですが、僕のブログの場合は雑記ブログでもあるのてチョイチョイ日記も書いています。

 

いつもブログタイトルに20170415などの年月日を書いてある場合は日記なのですが、そんなこと書かなくとも勝手に日付けは登録されますからね。だから今度からは[日記]というタイトルを付けていくことに決めました。

 

さぁ、そこでライフログと100年日記とブログ日記の使い分けをどうしようか考えます。

 

自分の生活で起こっていることは「ライフログ」としてiPhoneで記録し、自分のための行動記録として書き残していきます。

 

100年日記は決まったフォーマットを使って日々の記録を残していきます。今現在は4行日記の以下の4つの項目について毎日書いていく事にしました。

 

事実(客観的事実)

発見(課題、解決策の発見)

教訓(発見から何を得たのか)

宣言(将来自分がどうありたいか)

 

日記を続けるのも面倒になって辞めてしまっては意味がないので最低限この4つについては書き残していきます。

 

事実はなにが起こったのか、発見はそこから見えてきたものは何なのか、教訓はその見えたものから何を学んだのか、宣言は自分がどうありたいのか。

 

これらを長い事書き留めるならば日記として得られるものも沢山あるでしょう。

 

 

ブログでなぜ日記を書くのか

日記なんて基本的には自分(将来の自分)のために書くもので、よほどの有名人か何かでなければ特に他人が見たいものでもないでしょう。

 

そうだから結局は自分のために書いている。自分のために書いたものを勝手に公開してるのであって、それが役に立とうが立たないだろうか関係ないし、誰かにとやかく言われらものでもない。好きでやっているオナニーブログでも全然構わない。

 

でも「ちょっとくらい人様のお役に立てば嬉しいな」とは思ってる。大半は将来の自分のためであったり、単純に何か発散したいだけかもしれないし、毎日更新のための記事数稼ぎかもしれない。とりあえず質より量より記事数を増やしてく事で「続けている」という安心感を得たいだけかもしれないね。

 

個人の日記なんて本当は公開する必要はないけれど、かといって手元にある手帳やノートに書いてあれば自分のためだけにしかならない。

それを「公開」することで誰かも同じように感じたり、こころを動かされる人がいるかもしれないし、何か行動を起こすキッカケにもなるかもしれないよね。まぁ「後悔」する場合もあるだろうけども。

 

何もしないで1日を過ごせば何も残ることはないけど、もし日記を書くなら自分のためになるかもしれない。それをさらにブログという形で発信するならそれを元にエネルギーが伝わったり広まったりする「可能性」を感じられる。そうなるかどうかはわからないけど、そこに面白みを感じるね。

 

だから他愛のないことだとしても何かしら発信をするということは「動きを生み出す第一歩」だね。Twitterでもfacebookでもブログでもいい。変化(影響)を与えられる人になりたいね!