読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

UAZを手放す決意。いや本当、この二週間考えすぎてマジ辛かった。

今日、岩本モータースさんに電話をして、ぼくの乗っているUAZを引き取ってもらえるよう話を進めました。

 

1週間ほど前に『UAZを降りようか・・・』といった内容の記事を書いたところ数名の人からメッセージが来て「UAZを譲ってほしい」と声かけられました。

 

もともと岩本さんに「UAZを手放す時はぜひウチに戻してほしい」と言われてたのでそのつもりでしたが、僕としてもまだローンが残っているし、できることならつぎに乗る車の資金も多少は欲しいと思って色々と悩みました。

 

よくある「インターネットで一括査定!」というのも興味本位で登録。その瞬間から電話が鳴り続けて取り立てにあってるような感覚に陥りました。

○リバーとか○ッグモーターとか○ーチスとか立て続けに電話がくるんですよ。ぜひ一度クルマを見せて欲しいと。でもどこの会社も査定しても金額を教えてはてくれませんでした。ようは特殊すぎて値段つけられないんだとー。

(そうでしょうね!そう思いながらこちらもお願いしてみました。)

 

友人やUAZに興味がある人からいくつかメッセージを受け、一括で残りのローンが払える+α(次の中古車費用)が欲しいことを伝えました。

 

自動車買取店だって値段がつかないのに、できるだけ高い金額が欲しいとか自分はいったい何さまのつもりなんでしょう。

 

でもね、そりゃあできるだけ高く買ってくれた方が嬉しいじゃない。・・・人間だもの。(ただし)

 

 

UAZを見たいという人がいれば見せますし、電話でできるだけ車の中状況を伝えたりもしました。個人売買に不安があるとか、受け渡した瞬間に致命的なトラブル出たらどうしようとか、車検通らなかったらどうしよう、部品買えなかったらどうしよう等、相手が買った後に問題が出ないか?問題残らないか?さまざまな時点で考えました。

 

やっぱり金額が高いからその人に売るとかではなく、UAZの事故の時も含めて面倒を見てくれた岩本さんにお願いするのがスジだろうという結論になりました。

 

UAZを本気で欲しいと思い連絡してくれた友人KやSさんNさん、期待だけさせてしまい申し訳なく思っています。すみませんでした。

 

凄く悩んだ末に出した答えです。ファイナルアンサーです。とりあえず引っ越し終わるまでは乗ることになってます。

 

次のクルマはすぐに買えそうにないので実家の軽自動車借りての生活です。UAZを所有した5年間は辛くも楽しい日々でした♪