なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

カエル好きはぜひとも身近に置いて眺めたくなるカラフルな絵本。子供に見せるにも「かえるごようじん」だよ!最後の内容が衝撃的。

Amazonで「この本を買った人は〜」ってところで紹介されてたこの本。

 

「かえるごようじん」

 

ちょっとリアルに描かれた鮮やかな緑色のカエルが印象的な本です。

 

f:id:miapom618:20161117000640j:image

Amazonレビューを見てみると「絵がカラフルでキレイ」だとか、「最後が予想だにしない展開」だとか面白そうなので購入してみました。これから購入する人もいるかもしれないので、もちろんネタバレが無いようにしますね。

 

中の絵はこんな感じです。

 

f:id:miapom618:20161117000659j:image

 

くらくて ふかい

もりのはずれに、

ひとりの おばあさんが

すんでいました。

もりのなかには、それはそれは

おそろしい まものが

すんでいます。

 

本書より引用

 

 

f:id:miapom618:20161117000721j:image

もりのはずれに住むおばあさんは一匹の小さな(子犬くらいあるからデカイけどね)カエルと暮らしています。

 

しかし森にはゴブリンやらトロルやら人食い鬼なんぞがいておばあさんはガクブルしながら生活しているんですね。(引っ越しすればいいのに・・・)

 

そんなおばあさんとカエルと森のならず者のお話です。

 

 

 

カエルが可愛らしい感じではなく、ちょっとリアルに描かれているところが良いですよね!大きな目がギョロリとして愛らしさがあります♪

 

おばあさんは怖がりなのか家の中に隠れますが、さすがは勇敢なカエルくん。玄関から一歩も動こうとしませんよ。それ以前に「恐怖」なんて考えたこともないようなすっとぼけた表情です。本物のカエルもこんな顔してますよね。

 

蛙好きなら是非とも見てもらいたい絵本。

カエルコレクションにいかが?ヽ(*´ε`*)ノ

 

 

 

 記事を読んで面白かったものや気になるものがありましたら「はてブ」や「シェア」などしていただけると大変嬉しいです!今後の励みになりますので宜しくお願いします☆

FacebookやTwitterもやってます♪どうぞよろしく♪

  山中タダシFacebook(フォローお気軽に☆)
https://www.facebook.com/tadashi.yamanaka



山中タダシTwitter(フォローお願いします。フォロー返しします。)
ヤマナカ タダシ(山中 督) (@miapom) | Twitter


 
インスタグラム

ヤマナカ タダシ (@tadashi_yamanaka) • Instagram photos and videos

 

Mediumはじめました♪

https://medium.com/@miapom618_8079