なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

20160508 27〜28年ぶりに埼玉県加須市の「むさしの村」に行ってきた。小さい子がいるうちにはちょうど良い規模の遊園地。

今日はゴールデンウィーク最終日ということで家族で埼玉県加須市にある「むさしの村」という遊園地に遊びに行ってきました。

僕はここに来るのは27〜28年ぶり。だって保育所の遠足以来ですからね。さすがに当時からすればリニューアルされていますが、今でもこの名前で営業をしているということに嬉しさと懐かしさを感じます。

中学生の息子と2歳の娘なのでお兄ちゃんの方だけでもフリーパスにしようと思ったけれど、どの程度乗るのかわからないのでチケットの購入にしました。


お兄ちゃんと嫁ちゃんは乗り物の方へ。
僕は娘を連れて動物の方へ向かいました。
昔は動物いなかったと思うけど、乗り物券でポニーに乗れるようなので探してみることに。

f:id:miapom618:20160508220811j:image
すると可愛らしいポニーが4頭!娘を乗せて隣に親が付けば大丈夫かなと思いましたが、乗る人しか中に入れないご様子。そもそも乗れるかどうかも怪しいのでポニーに近づいてみましたが娘がビビったので見送りとなりました。

もう少し大きくなってからチャレンジだな。

他にもブタさん、ヤギさん、ウサギさん、ヒツジさんなどがおり餌やりをすることができます。餌は自動販売機から購入でき、100円でモナカの中に動物の餌が入ったものが買えます。

中身の餌よりモナカへの食いつきが半端ないです。ここでの「さくせん」は「モナカだいじに!」と覚えておきましょう。


外のステージではちょうどアンパンマンショーのお時間。途中で飽きてしまい最後まで見ていられなかったけど、アンパンマンの曲がかかってるとつい踊ってしまう娘は・・・可愛ぇぇ!


f:id:miapom618:20160508220907j:image
子供が大好きなボールプールや滑り台などがある「キッズなんちゃら」(名前わすれちゃった)。
乗り物券3枚が必要で、付き添いは1名まで。
一度に入れるのは15組、制限時間は7分で時間ごとに総入れ替えとなります。

身長140cm以下の子供しか遊べませんが、はしゃぎまくる小学生などと一緒に幼稚園児を遊ばせるのはちょっと怖いですね。体格差がありますので保護者が見守る必要があります。

娘はずっと滑り台でうつ伏せで滑って遊んでました。


f:id:miapom618:20160508220939j:image

f:id:miapom618:20160508221010j:image
ケバーブ、ケバーブ、ケバーブ、ケバーブ!

昼はケバブをいただきました。1つ500円。うまかった!( ・ω・)ノ



f:id:miapom618:20160508221024j:image
他には気球のやつとかボートのやつとか、バギーとかも乗った。娘は高いところの乗り物よりも、バギーなどのエンジン音が大きくて振動が多い乗り物が怖い様子。

f:id:miapom618:20160508221038j:image
最後は観覧車に乗って終了。小さい頃は何とも思わなかったけれど、大人になると怖さが増すのが観覧車。やっぱり高い所って年々強くなるもんかもね。


むさしの村は保育所の遠足でも来たように、比較的年齢低めの子供たち向けの遊園地です。乗り物の場合どうしても年齢制限や身長制限があるので小さい子は乗れないものが多かったりしますが、ここだと小さい子でも乗れるのがいいですね!

ただ小学校高学年や中学生などでは物足りなさを感じる部分もあるかも。


他にも敷地内でバーベキューができたりするようなので、そういうのも含めて予定を立ててみるのもいいかもね。

それにしてもゴールデンウィーク最終日・・・パパとママは疲れました(´・ω・`)
明日からお仕事頑張ります。