なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

20100415 風邪ひいたー。でもポジティブに考えたらこれで身体をリセットできるぞ☆

朝起きたらノドが痛くて「風邪ひいちまった!」なヤマナカです。

 
先週末から娘が風邪をひいていて毎日咳をゴホゴホしています。朝から晩まで一緒にいる嫁ちゃんが先にうつると思っていたのになぁ。息子も嫁も元気で見事に僕だけです。
 
今日は仕事をしていても身体はダルく、頭もぼーっとします。仕事どころじゃあありませんよ。それなのに残業までやってきちゃいましたけどね。
 
さてさて、なんで風邪引いたのにポジティブに考えられるかっていうとですね。まとめられてるのでこれ見た方が早いかもしれません。

matome.naver.jp

 

 

風邪をひくと怠いし発熱するし咳も出れば喉も痛くなり・・・辛いですよね。

でも風邪をダメなものとして考えるのではなく「風邪によって身体の異常をリセットする」という考え方もあるようです。

 

僕もこの「風邪の効用」という本を買って読んだのですが、最初の方だけ読んで「よし、あとは風邪をひいたら読もう!」なんてアホなこと考えているうちに今現在行方不明です・・・。(°Д°)たぶん実家にあるはず。

 

 

風邪というものを単なる病として受け入れればネガティブな要素ですが、「身体の異常を風邪という状態を通過することでリセットする」という見方をするとポジティブな要素になります。

 

だから身体がダルくても「今は筋肉を緩めている段階なんだ。だからこそ脱力してしまうんだ」と考えることで今起こっている症状も良いことに思えてきます。

 

 

自分が辛い状況の時、「これは良いことだ」と思うのと「これは悪いことだ」と思うなら絶対に前者の方が回復も早いように感じます。筋トレと一緒ですね。筋肉痛で辛い、でもこれは「筋肉が歓喜してる!!!」って思えばポジティブだし、「最近運動してなかったから悲鳴をあげている」と思えばネガティブです。

 

 

だから僕の体は今、「蓄積された疲労」を風邪によって回復する段階だと思っています。喉が痛くて食欲がわかない場合でも、食べないことで回復を促す状態なんだなってね。

 

 

回復のための食事

だから今日は朝から食事量を減らして、全エネルギーを体の回復に使おうと思っていました。病気で調子が悪いときなどは「断食」が良いと言われています。食欲が出ないというのは体が「消化」のためにエネルギーを使うのではなく、「回復」のためにエネルギーを使うからです。

 

だから今日は(今日も)朝食はとらずに仕事に行ってきましたよ!

10時休憩にはワッフルとチョコレートとチーズを食べました。(誘惑に負けた)

昼は社食の蕎麦。ご飯付きなので満腹です。(誘惑に負けた)

3時休憩こそは食べないぞ!と思ったけど、ちょっとだけ・・・ドーナツとチョコをコーラで流し込みました。(誘惑に負けた)

 

(°Д°)全然断食なってません。

 

 

それなのでせめて夕飯は食べないで・・・と思ったけど家族との食事も大切(ということで)なので軽く済ませることにしました。

 

夕食はこれ。

f:id:miapom618:20160415230759j:plain

イチゴとパイナップル!

 

いやーもうね、今お腹が空いてしかたない!

 

 

これだけ食欲あるんだからまだ元気なんですね。全然弱ってないわ・・・。

 

 

病気は考え方で良くなる

どこかで目にした内容ですが、「アフリカのどこかで梅毒(性病)にかかった人は薄着で草むらで寝ることで治ると言われています。」薄着で草むらにいたら蚊に刺されます。マラリアにかかります。

 

マラリアを発症することで高熱におかされますが、その熱で梅毒を治癒させるという話でした。(確かそういった内容)

 

 

とっても「おばあちゃんの知恵袋」的な発想ですが、病というものをそういう視点で見たことがなかったので目からウロコでした。病をもって病を治すなんて!

 

 

「毒」に関する本の中でも、毒と薬は紙一重でそれは量によってどちらにもなると書かれていました。そもそもその「薬」と呼ばれるものであっても、ウイルスを殺すための「毒」でもあります。こういう見方って面白いですねー♪

 

 

(°Д°)早く回復してくれー!