なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

20160407 冷たい弁当はバーナーとクッカーがあればいつも以上に美味しくいただける☆

今日は朝早くに嫁ちゃんがお弁当を作ってくれたのですが、昼食時にお弁当が無いことに気がつきました。

 

(°Д°)あれー?持ってきたはずなんだけど・・・。

 

(°Д°)ギャー!車の中に忘れたわ!

 

 

40分しか昼休みの時間が無いのに、片道5分の駐車場まで歩いていかなければ。しかも雨が強いし。

 

 

自転車借りて駐車場まで行こうとも思いましたが、どうせなら戻ってくるときに自分の自転車を車からおろして持って来ればいいやと徒歩で行きました。寒い、雨強い、冷たい・・・。

 

 

自販機でホットのほうじ茶を購入し車へ。

わざわざ会社に戻って食べるのも面倒なので車の中で食べていきます。雨に濡れて寒いわぁ。

 

しかし僕の車にはアウトドア用品積んでありますからね!こんなときにあると便利なのでバーナーとクッカーです。

え?何をやるかって?調理ですよ調理!まぁ温めるくらいしかやりませんけれども。

 

f:id:miapom618:20160407230056j:plain

僕の使っている弁当箱はステンレス製なのでやろうと思えばそのまま火にかけられます。でもメスティンというアルミ製のクッカー(鍋)もあるから、今日はここでおかずの豚肉を温めたいと思います。

 

以前に使ったまま放置だったのかメスティンが汚いので軽くティッシュで拭いてアルミホイルごと投入。バーナーに火をつけると豚肉の焼けるいい匂いが車内に広がります。

 

冷え切ったお弁当だとちょっと寂しいけど、温かいおかずがあるだけで何倍も美味しくなります♪

 

 こういう場合でなくとも、防災用品としてアウトドア用品を揃えておくのはオススメです。ここで使ってるバーナーはジェットボイルではないですが、ジェットボイルはすぐにお湯を沸かすのにとても早くて便利だし、すべてを鍋の中に収納できるで持ち運びも簡単です。

僕の場合はこれを実家の工場においてあり、コーヒー作ったり、缶コーヒー温めたり、塗装用のスプレー缶を温めたりして使ってます。手軽に火を扱えるって便利なんですよねー。

 

 

 

 肉を焼くために使ったクッカーはこれ。トランギアというメーカーのメスティンと呼ばれるアルミ製の飯ごうです。飯ごうだから元々はご飯を炊くためのものなんですが、フライパンとして使ったり蒸し器になったり、またはそのまま小物入れとして使ったり。

 

ジェットボイルは深型の鍋なので焼く、炒めるといったものには使いにくいです。そこで浅くて広いフライパンのようなメスティンがあると調理の幅も広がります。調理も何も、今回はそのまま焼いただけじゃねーかって話なんですけどね。

 

 

これらのバーナー&クッカーを積んでおけば、コンビニでカップラーメンを買っておいたり、インスタントラーメンを用意しておくだけでいつでもどこでも食事にありつけます。

 

そうそう、水も重要!!

2リットルのペットボトルを1本、一緒に積んでおきましょう♪

 

 

災害の時の非常食は火を使わずに食べられるものも多く出回っていますが、やっぱり温かい食事というのは精神的にも回復させてくれます。雨に濡れて冷えた僕の体ですら、温かいものを欲するのですから、そういった災害時であっても温かいものを作れる道具が揃っていた方が安心です。

 

あれ?弁当を忘れた話が災害の話に変わってるよ?なんで?

 

 

 

今日は雨で寒いけど、もう少し温かい日が続くようになったらキャンプ行きたいなー。キャンプ道具もメンテナンスしておかないとなぁー。

 

 

 

 

 記事を読んで面白かったものや気になるものがありましたら「はてブ」や「シェア」などしていただけると大変嬉しいです!今後の励みになりますので宜しくお願いします☆

FacebookやTwitterもやってます♪どうぞよろしく♪

  山中タダシFacebook(フォローお気軽に☆)

https://www.facebook.com/tadashi.yamanaka



山中タダシTwitter(フォローお願いします。フォロー返しします。)

山中タダシ(CJぽん) (@miapom) | Twitter


 
インスタグラム

ヤマナカ タダシ (@tadashi_yamanaka) • Instagram photos and videos