なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

20160304 人の気持ちを分かる(分かろうとする)リーダーがいるだけで安心できる。

 昨日はバタバタしておりましたがひな祭りだったんですね・・・。

f:id:miapom618:20160304233248j:plain

 

嫁ちゃんと子供の体調が悪く、病院行ったりなんだりしているうちにあっという間に過ぎてしまいました。

 

8079tdc.hatenablog.com

 

昨日は早朝からバタバタしっぱなしだったのですが、嫁も子供もこんな状態じゃ自分が医者に連れて行かないといけないということで朝会社に連絡したんですね。

 

そして社長に「今日お休みがいただきたいです。娘と子供が昨晩から・・・」

と伝えると、「子供ってそういうことあるんだよな。わかった。お大事に」と言ってくれました。

 

これって普通のことかもしれませんが、こちらの状況を理解してくれた上でわかったから休んでいいよ、大丈夫だよと言ってくれました。

 

会社では1日のやる仕事も決まっているし、急に欠員が出るとどこかにしわ寄せが起こります。

そして今日、会社に行って社長に「昨日はどうもすみませんでした」と伝えると、昨日と同様に「子供と嫁さんはそういうことあるよ。うちも何回もそういうのあったからね。」と話してくれました。

 

人数の少ない会社で急に欠員が出たにもかかわらずそのように受け止めてくれた社長に嬉しさを感じました。

 

以前働いていた会社では、病院で「ウイルス性の胃腸炎です」と診断された僕に対して電話で「来いや!」とだけ言って切られましたからね(笑)

 

 

リーダーは仕事仕事ができるかどうかより、人の心(気持ち)が分かるかどうかが重要だと思う。

もちろん仕事ができるに越したことはありませんが、知識的・技術的なことよりも人間的な器の大きさがリーダーとしての質ではないかなと思います。人の気持ちがわからずとも分かろうとする気遣い・心遣いというものがリーダーに必要な素質ではないでしょうか。

 

僕としてももちろん「いきなり休んでしまい申し訳ないな」と思っています。しかしそこで追い打ちをかけるような上司なりリーダーだったらどうでしょう?その人についていきたいなんて思いませんね。絶対に反発してしまうことでしょう。

 

こっちも「悪いなぁ」と思いつつも、「大丈夫、気にしないで」と声をかけられれば「よし、頑張らないとな!」という気持ちにもなります。本当に大丈夫かどうかは抜きにして、こういう「安心感」は成果へと繋がっていくように思えます。

 

 

他にいろいろ書きたいと思ってたけど、ちょっとまとまらないのでここまで。

自分も器の大きな男になりたい☆

 

 

FacebookやTwitterもやってます♪どうぞよろしく♪

  山中タダシFacebook(フォローお気軽に☆)

https://www.facebook.com/tadashi.yamanaka



山中タダシTwitter(フォローお願いします。フォロー返しします。)

山中タダシ(CJぽん) (@miapom) | Twitter


 
インスタグラム

ヤマナカ タダシ (@tadashi_yamanaka) • Instagram photos and videos