なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

20160205 今日は眠くて眠くて仕方がなかった。睡魔に打ち勝つ2つのポイント

今日は仕事中だというのにどうにも眠くて仕方がありませんでした。

まだ午前中だというのに睡魔に襲われ、午後は食後の満腹感で睡魔に襲われ・・・本日は作業そのものよりも睡魔との戦い!!気がつけば意識が飛んでるって考えてみると怖いです。

睡魔に襲われるのは生活習慣の乱れが原因

やっぱり日中に眠くなるというのは日頃の生活習慣が影響しています。特に僕の場合は常日頃の「睡眠不足」が影響していると思われます。

 

睡眠不足と言っても人によって必要な睡眠量は違います。1日8時間寝ないと本領を発揮しない人もいれば、1日4時間も寝ればバリバリと仕事をこなせる人もいるでしょう。自分にあった睡眠スタイルを構築し、それを軸に生活習慣を見直す必要があります。

 

 

f:id:miapom618:20160202224730p:plain

僕の先週の睡眠時間です。平日は6時間以下、木曜の夜は4時間46分しか寝ていません。その代わり週末の睡眠時間は10時間以上となっていて、典型的な「週末ゴロゴロ」スタイルです。

 

 

僕の気持ちとしては寝ないで大丈夫であれば「寝たくない」というのが本音です。ずっと起きていられる身体ならばずっと本を読んでいたりブログ書いたり、遊んだりと活動していたいと思います。

逆に嫁ちゃんは「ずっと寝ていたい」というタイプで、平日であっても休日であってもずっと寝ていたいのだそうです。「寝ているのが最高に幸せ」らしいです。

 

以前に「短時間睡眠法」という1日4時間ほどの短眠生活をやってみたことがありますが、自分にはあっていなかったようで日中の眠気がどうにもならなかったです。睡眠もただ長く取ればいいというものでもなく、同じ時間であっても「どれだけ質の良い睡眠がとれたか?」が重要になります。

 

身体を休める睡眠と脳を休める睡眠

睡眠には浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)があります。

これら詳しいことはこちらのサイトを参考にしてください。

レム睡眠・ノンレム睡眠の特徴

 

睡眠時間の長さよりも、しっかりと身体と脳を休ませられるかが重要です。

 

 

ようは短眠で深い睡眠を得られれば最高なんですけどね。

残念ながら僕の身体の場合、6時間でも睡眠不足気味で7時間くらい寝ると調子が良いです。訓練とかすれば体質改善も可能かもしれませんが、今の自分に無理のない睡眠時間を確保できるのが一番簡単かつ確実ですね・・・。

 

平日いつも寝不足だと月曜日・火曜日は問題なくても木曜日・金曜日でかなり弱ってきますね。特に今日なんかは午前中から眠くてどうしようもなく、午後もずっと睡魔と戦っていました。

 

睡魔撃退法

僕の場合、自動車の運転をしていても睡魔によく襲われます。小さい頃から車の中で寝ていたのでゆりかごに揺られている気分になっちゃうんですかね。マニュアルの車ですが身体は運転を覚えているので問題なく動きます、でも頭は眠ろうとするから大変です。

 

だから眠い時の睡魔撃退法はいくつかあります。

みなさんもやるであろう「コーヒーを飲む」「ミント系のガムやタブレットを食べる」といったカフェインや刺激系。

 

これ、全く効果がありません(笑) 注:本人の感想です。

 

 

今日もダメもとでひたすらブラックコーヒーをがぶ飲みし、カフェイン配合のミントタブレットを何度も食べました。一時的に(本当に一時的)は眠気は落ち着くものの継続せず・・。

 

刺激系のものを口にするよりもチョコレートなどの甘いお菓子を口にした方が眠気に襲われる感覚は伸びました。それでもずっと何かを食べているわけにもいかないですよね?仕事中だもの。

 

ポイント1 「人と会話する」

ものを使わず簡単かつ確実な睡魔撃退法はこれです。「人と会話する」

仕事中で何かをずっと食べたり、いきなり走り出したりしたら怪しさMaxです。でも人と会話するならとても自然な流れです。

なぜだかはよくわかりませんが、眠い時に人と会話をすると眠気がなくなります。簡単な会話であっても脳の広い部分が活動するからでしょうか。相手の表情を読み取ったり、会話の内容を考えたり、次に発する言葉を考えたりと一連の「会話」の流れが脳を活性化させるのかもしれません。

 

僕のやっている仕事の場合、一人で黙々と作業をするし、機械を扱うので怪我の心配もあります。そんな時に居眠りしてしまえば怪我どころか最悪は死亡事故にだってなりかねません。

 

そういう時に何かアドバイスを求めるように誰かに声かけて会話をすれば眠気も吹き飛び安全かつ確実です☆

 

 

ポイント2 「本当にどうにもならない時は『寝る』」

さすがにこれは仕事中にはなかなかできませんが、運転中にどうしても眠くて仕方がない時は5〜10分程度ですが寝るようにしています。

気持ち的には30分〜1時間くらい寝たいくらい眠いかもしれませんが、長くても15分以内の睡眠が良いです。それ以上は体が睡眠モードの入ってしまい眠さ・ダルさが増します。

 

実は眠くて「こっくりこっくり」する程度でも眠気は吹き飛ぶらしいです。でも仕事中にこっくりしてたら危険だから注意してください。怪我かもしれないし上司に見られているかもしれないし・・・(°Д°)

 

僕が自営業をやっていた時は午後にどうしても眠くなった時は10分くらい寝るようにしていました。我慢して眠いままに作業を進めるよりも、10分寝てしまった方がその後のパフォーマンスが抜群に良くなるからです。

今は勤め人なので仕事中に寝ることはできませんが、寝ることが可能な人の場合は無理して続けるよりも短時間でも寝てしまった方がその後の効率は良くなります。

これは本当にオススメです♪

 

 

僕の今後の課題

まずは平日の睡眠をしっかり取れる生活習慣にすること。

週末の不規則な睡眠時間を平日と同じようにすること。

短眠にもう一度チャレンジしてみる?

1日のタイムスケジュールを見直す。

 

睡魔に負けないカラダを作るか?

睡魔に負けない生活を作るか?

 

 

 

FacebookやTwitterもやってます♪どうぞよろしく♪

  山中タダシFacebook(フォローお気軽に☆)

https://www.facebook.com/tadashi.yamanaka

 

山中タダシTwitter(フォローお願いします。フォロー返しします。) https://twitter.com/miapom

 

山中タダシGoogle+(こちらはあまりやってないけど、フォローお気軽に☆) https://plus.google.com/u/0/+tadashiyamanaka  

 

BLOG

モノレビュー、アウトドア関連、手帳・ノートなどステーショナリー関連。ものづくり系ブログ。毎日更新してます☆

WordPressブログ  ナンとか「成るログ」

http://blogbrainsconnect.8079tdc.com  

 

 

モノ系以外、自分の考えとか思うことを言葉にしていきたいと思って始めましたはてなブログ。できるだけ自分の気持ちを素直な文章で書いていきたい。

はてなブログ

http://8079tdc.hatenablog.com/

インスタグラム

https://www.instagram.com/tadashi_yamanaka/