なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

風邪に効く効く「はちみつ大根」を作ってみたよ♪

スポンサードリンク

人気ブログランキングへ こんばんはヤマナカ(@miapom)です。 一昨日あたりからノドの違和感と熱っぽさを感じるようになってしまいました。風邪ですね(;´Д`) ブログのへのコメントで「ハチミツ大根」というものを教えてもらったので、さっそく材料を集めて作ってみました♪ ハチミツの殺菌力がノドの細菌類を抑え、大根の消炎作用が喉の痛みを抑えてくれるようです。 用意するものは大根とハチミツと容器(タッパーなど)です。 ハチミツ大根の作り方 Evernote-Camera-Roll-20141206-171700 2.jpg まずは大根を用意します。今回は長さ5センチくらいを使用。 大根は先端の部分は辛みが強く、生で食べるなら茎の方がオススメです。この辺は好みで選べば良いと思います。 Evernote-Camera-Roll-20141206-171700 3.jpg 切り方は薄切りでも角切りでもOK! ただ大きく切るよりは小さめに切った方が大根からの水分が出やすいようです。 だいたい1cm角くらいで切ってみました。 Evernote-Camera-Roll-20141206-171700 4.jpg Evernote-Camera-Roll-20141206-171700 5.jpg 容器に大根を入れたらハチミツをかけて漬けるだけです。とっても簡単だね! ハチミツは約200ccほど使いました。本当でこれで大根から水分が出てくるのだろうか・・・。 Evernote-Camera-Roll-20141206-171700 6.jpg これで一応完成。とっても簡単です♪これを常温で2時間ほど放置すると大根から水分が出てきてシャバシャバになるらしい。 2時間後 Evernote-Camera-Roll-20141206-171700.jpg 大根がかなり小さくなって、容器の中の水分も増えております☆ これで完成、やっと飲めるね♪ Evernote-Camera-Roll-20141206-171659 2.jpg 大根さんも縮んできて水分が抜けてるのが分かるね。 このハチミツ大根の汁が喉に良いらしいので、そのまま飲んでもいいし、お湯割りにして飲んでもいい☆ もちろん大根も食べられますが、大根のハチミツ漬けなので好き嫌いが分かれるかも。汁の方はほとんどハチミツの味しかしないので思ったより抵抗無く飲めました。 Evernote-Camera-Roll-20141206-171659.jpg 濃さの加減は人それぞれだけど、スプーン大さじ5杯分の汁を入れて、カップの半分くらいまでお湯を注ぎました。 寒い時期なのでお湯割りは温まっていいですね!チューブのすりおろし生姜を加えようと思ったらうちの冷蔵庫には「ねりからし」しか入っておらず危うく間違って投入してしまうところでした(笑) 「クエン酸」があったのでそれを投入。ホットハチミツレモンのような味わい。大根の香りはほんのちょっとだけだから気にせず飲めるけど、人によってはそれがイヤってなるかもね。でも薬じゃないし安心して飲めるのはいいよね☆ 時間がたつほどに大根がどんどん小さくなって「たくあん」のようになってきます。さっきそれを食べたんだけどまんま「たくあん」の感じで美味しかったよ。ちょっと甘みが強いけどね。 ノドが痛くなったら簡単に作れる「ハチミツ大根」おためしあれ♪ コメントなどお気軽にお書き下さい(・∀・) 必ず返信します♪ あとブログランキングに登録しています☆(・ω・)ノ GOOD!!と思ったらクリックお願いします。

小躍りして喜びます☆