なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

続けたい!早起き生活(´-ω-`)zzZ

人気ブログランキングへ おはようございます☆ヤマナカ(@miapom)です。 2週間ほど前から早起き生活に切り替えてます。夜9時くらいに寝れる場合は3時半ころに起き、遅くても5時頃には・・・今のところ起きられています☆ 朝の時間は静かだし、誰にもジャマされないのでとても効率よくブログが書けますね♪ 社会人なりたてのころは毎日4時頃起きて読書したりしながら過ごし、6時半ごろには出社してました。 強制されてたわけではなく、自由な時間を作るためには疲れた夜の時間よりもスッキリと目覚めた朝の方が頭も冴えるし、より集中して読書をしたり考え事するには適していました。 それから職が変わり、生活リズムも変わると・・・どんどん遅刻ギリギリに出社したりするようになったり。 朝が遅いと夜寝る時間も遅くなります。夜の時間は自由に使えそうですが、仕事をして帰ってから何かをしようと思っても身体も頭も疲れているし、夕食を食べてお風呂に入ってリラックスモードになってから読書をしようと思ってもまぶたが重くなって寝てしまいますね。 それに変わって早朝は身体も頭も目覚めたばかりなので「これから何かをする」時間としてとても適しています。 頭と身体が「目覚めるまで」のタイムラグが少しありますが、目覚めてしまえば1日のうちで一番「頭と身体が元気な状態」です☆ それなので僕は読書をしてインプットをするか、ブログを書いてアウトプットをする時間にしています♪ 読書も日中の休憩中に読むよりも、同じ時間であっても朝の方がより集中して読むことができます。 僕はブログを書く場合になんだかんだ30分から1時間くらいかかってしまいますが、「朝」という出社までの期限付きの時間であればより集中して取り組むことができます。これが夜だとついダラダラしてしまい、1時間半・・・2時間とパソコンの前にいることもしばしばです。 早起きは辛くてできないという人もいるかと思いますが、朝1時間早く置きたかったら夜1時間早く寝るだけでです。 そうすれば睡眠時間を削ることなく早起きすることができますね♪ 3時間早く起きるために、夜は今までより3時間早く寝る。でも朝の自由な3時間は夜の3時間よりもすごく長く感じます。 6時間の自由!!・・・とまでは言いませんが夜の4~5時間に匹敵するくらいの感覚です。それだけ頭が活発になっているんですね。 もし何かやりたいことがあるけれど仕事が忙しく帰ってからやる時間が無いならば、夜は早めに寝てしまい早起きすることで「やりたいこと」は達成することができます。 まずは1時間早く寝てみるところから早起き生活をすすめてみてはどうでしょうか☆   コメントなどお気軽にお書き下さい(・∀・) あとブログランキングに登録しています☆(・ω・)ノ GOOD!!と思ったらクリックお願いします。

小躍りして喜びます☆