なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

モノにこだわらず純粋に好きなものがスノーボードかもしれない。

今シーズンはまだ行ってない(たぶん行けない)んだけど、行きたいなぁスノーボード。 講師やってるときは11月ごろから先生たちとスキーに行って、春先まで滑っていました。 先生たちは主に「私をスキーに連れてって」世代なのでスキーがメインです。 スキーの指導員の資格も持っているようで、新しい人を連れて行ってもいつのまにか皆滑れるようになっています。 2812884_454513340_1large.jpg 生徒とスキーに行く事は無いですが、卒業生が社会人になってから一緒に行く事もありました。 スキー合宿とかと違って皆が自由に滑れるし、先生として見る必要も無いので気が楽です。 そんなスキーやスノーボードですが、やっぱり今の時期は行きたくて仕方が無いです(´Д` ) でも子供も小さいし、行くための資金も無いのでしばらくはおあずけです。 35152481_2960917377.jpg 自分が何かをやろうとする時、基本的にはモノ先行になりがちです。 釣りであったり、登山であったり、ツーリングであったりしても、「この釣り道具で釣り上げたい」「この道具を使いたいから山に登る」「このバイクじゃなきゃ行きたくない」というのが自分にはあります。 基本的に行為そのものよりも「それに関わる道具が好き」です。 だけど唯一、その行為が好きだといえるのがスノーボードです。 だからレンタルだろうが自分の板だろうが滑れればいいと思ってます。 じゃあモノにこだわらないかというと、見た目がどうとかよりも機能で選んじゃいます。昨日書いた「車の話」とはまったく別物。 初めてスノーボードをやったのは大学生のころでした。 男友達5人で行って、経験者は友人一人だけ。何もわからず言われるがままに一式レンタルして1日中滑りました。 レンタルの初心者用ボードだったためか、初めてなのにある程度ターンをしたり、思い通りに止まれたりできました。 それで気を良くして板を買いにいったのが地獄の始まりです。 分からないなりに調べてスポーツ用品店で板を探します。定価8万くらいする板が激安の2万くらいになってました。 「高い板=良い板」というアホな考えでそれを選び、残りの所持金でウエア類を適当に選びました。 当時買ったのがこれ 35152481_3086463305.jpg ミレニアムスリー 一応、その時の体重が75kgくらいだったので、「とりあえず硬い板だしバッチリでしょ!」と思っていたのですが、実際にこれで滑ってみると曲がらない止まらない、段差で跳ねる~ダイナミックに転ぶの連続でした。逆エッジで何度転んだことか!! 初心者用板(柔らかいのでコントロールしやすい)で乗れるから大丈夫だなんて思っていましたが、体重移動も何も分からないままにガチガチの板を買ってしまったのでそれからの数年間はスノーボードが苦痛でもありました。 それから何年かたったころ、自分の技術も多少上がったのか、板がヘタってきたためか気持ちよく滑れるようになりました。 パウダーでもアイスバーンでも「見事に切り抜ける」わけではないですが、自分なりにコントロールできるようになった時には「おお!俺のレベル上がってる!乗りこなせてるじゃん!!」なんて最初に行ったボードの時のような「調子こみ」加減を取り戻していました。 そういえば昔、この板を買ったことを後悔してるって先生に言ったらこんなことを言われました。 「自分に板を合わせるのではなく、板に自分を合わせれば乗りこなせるよ」って。 けっこう時間かかったけど、言われたことが後になって理解できました。 ちなみに、ビンディングとブーツはkissmarkのステップインタイプです。 これはスキーをする先生たちと滑るのに、リフトを降りた後に置いて行かれないようにするためです。 ボード好きの人からしたら「え?kissmark???www」 なんてことも思われるかもしれないけど、リフト下りてすぐに滑り出せるステップインは凄く便利でボード仲間と行った場合には心の中では「おいおい。早くしてくれよ。こっちは待っているんだから。」なんて心の余裕すら出てきます。 まぁもっと有名メーカーでもステップインは出てますが、kissmarkのものが特価でめちゃくちゃ安かったのでそれにしたんです。 子供が大きくなったら一緒に滑りたいなーとおもいつつ、来シーズンは行けるよう・・・願っておきます。 コメントなどお気軽にお書き下さい(・∀・) あとブログランキングに登録しています☆(・ω・)ノ GOOD!!と思ったらクリックお願いします。

小躍りして喜びます☆