なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

プジョー206パーツ「名前はすごいけど実はおとなしいデビルマフラー」





人気ブログランキングへ



プジョー206を購入して、最初に手に入れたのがこのデビルマフラーです。





Yahoo!オークションで「プジョー206用だと思います」を信じて買ったものの、そもそものフランジ径も合わなければマフラーステー位置も違うので取り付け不可でした。

多少の加工ならうちでやっちゃおうということで、これならもう206用に改造してしまおうとフランジ加工からステー位置変更し直しました。



フランジ部分は新しく旋盤で削り出し、206XSのメインパイプに繋がるようにしました。






マフラーステーも一度切り離し、現物合わせで高さ調整を行い溶接し直しました。



もうちょっと上にしてもよかったかもしれませんが、こんな感じで取り付けられます。


そしてやっとのことで206XSに取り付け、エンジンをかけてみたら…デビルという名前なのにとってもジェントルメンな音。ノーマルマフラーよりほんのちょっとだけ低音出てるかな?って感じで、思いのほか静かすぎて残念でした。


自分はスポーティなサウンドを求めていたので、マフラー開けて大手術を行うしかないなと思い立ったわけです。




この時はまだ自分であまり作業もできなかったので、父に頼んでやってもらいました。
まずはマフラーの太鼓部分をグラインダーで開きます。




中はいくつかの部屋に分かれ、パイプで繋がっている構造です。太鼓部分は消音が目的なので大量のグラスウールが詰め込まれていましたので全て摘出します。

部屋と部屋をつなぐパイプにはスチールウールが巻かれていたので、それらもきれいに剥がしていきます。

また、中の仕切り板に直径50mmほどの穴を開けて全体的に排気が流れるようにしました。排気干渉なども考えられますが、最初の「グラスウール詰め込み放題」よりは抜けもよくなっただろうと思います。




最後に溶接で開いた部分を埋めていきます。車に取り付けてみて排気音の確認。

「ボボボボボボ…」

最初の状態よりは低音増したかな。
でもノーマルマフラーより少し低音が増した程度で、全体的にはおとなしめのジェントルメンな排気音でした。

自分が欲しかった「スポーティな爆音」にはならなかったので、「ノーマルよりほんの少しスポーティサウンドが出ればいいかな」という人には良いかもしれません。


文字は消えかかっていますが、デビル製マフラーです。



もちろんここまでいじってしまっているし、もともと206用では無いものを無理やり着けられるようにしてしまっているのでジャンク扱いでヤフオクに出品しようと思います。

うちでも使う機会も無いし、ノーマルマフラーが錆で穴が空いて使い物にならないのでその代わりにでも使っていただけるとありがたいです。

マフラー自体は約9キロあります。
マフラーフランジ部分は追加で溶接していますので、その分全長が長くなっています。

ジャンク品として出品をします。ノークレーム、ノーリターンでお願いします。
ご理解いただける方のみ、入札をしてください。

出品は4/6(日)、終了予定は4/12(土)です。




コメントなどお気軽にお書き下さい(・∀・)


あとブログランキングに登録しています☆(・ω・)ノ GOOD!!と思ったらクリックお願いします。


小躍りして喜びます☆