なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

クリエイティブエンジニアとして起業を志す

人気ブログランキングへ うちの実家はブレーンストーミングという名前の会社で、主に溶接業(鉄板などを溶かして接合する)を営んでいます。 自動車部品の製造がほとんどで、その他ゲーム機のフレームや家電のフレームなどもやっていたりします。 父が社長として20数年やってきて、以前は数名のパートさんを雇っていましたが、今では自分も含め家族4名で仕事をやっています。 私が小さい頃から「親は家で働いている」というのが普通で、平日は夜遅くまで、忙しければ休日も働いているという「自営業」の大変さを間近で見てきました。大学を卒業するころには「家の仕事はやらない」と、全く職種の違う企業に入社し、大きな企業で働くという道を選びました。 しかし大きな企業で働けば自分のやりたい仕事とは関係無く別な仕事を与えられ、働いているというより「働かされている」という感じがほとんどで未来に希望を持つ事もありませんでした。 部署が変わり企画の仕事をやるようになっても、直属の上司を見ていると「将来はここのポジションか・・・」などと明るく未来を受け入れることができませんでした。 その頃から手帳には「自分の会社を持つ」「家の仕事を継ぐ」「自分のビジネスを持つ」と書き、ビジネスアイデアを考えたりしていました。単純にその時の仕事が辛く、その場から逃げ出したいと現実逃避をしていただけだったかもしれません。 いざ会社を辞めて実家に戻ると決めた時に高校の当時の担任から電話があり、「期限付きだけど講師をやらないかい?」とお話をいただきました。 もともと「高校教師になりたい」という思いもあり、大学に行って教員免許も取ったのでありがたく地元の工業高校で講師をすることとなりました。 大学4年の時の教育実習をやった時は「先生といるのは気が楽だけど、生徒といるのが辛い。先生という職業は向いていないのではないか?」と教員になることを諦めましたが、いざ講師として生徒と関わっていくうちに「人と直接関わっていく仕事は楽しいな♪」と思えるようになっていきました。 それから4年間講師をやり、「結婚もしたし実家を継ごう」と決めて今年の3月に退職をしました。 実家での仕事は主に請負業で、「溶接」という分野でのみの仕事です。 家で働き9ヶ月ですが、今の実家の仕事というのは「父親の築いてきた仕事」であり、いまの自分は従業員でしかありません。 やっぱり「自分のビジネスを持ちたい」「自分の会社を作りたい」という思いがあります。 以前から書き溜めてきたアイデアが、最近になって繋がりはじめたように感じます。今になって自分の「できること」「やりたいこと」がある程度はっきりしてきたかなと思います。もちろん「好きな事」だけを追い求めてうまくいくなんて単純には思いませんが、好きな事を仕事にできるよう「チャレンジしてみよう」という気持ちになってきました。 個人事業主として起業するのであれば書類だけみたいなので「はい!起業しましたよ!!」って言えるのですが、今それをやっても何も定まらないままになってしまうのでちゃんと期限を決めて起業しようと思います。 目標ですが 2017年6月18日(自分の34歳の誕生日)に起業します。 株式公開するとかそういう立派なものではないし、全国何店舗!!というデカイ計画ではありません。 期限を決めて、「それまでにちゃんと準備をして起業するぞ!!」という自分との約束です。 約束しないとズルズルと時間だけが過ぎてしまい、あっという間に歳をとってしまいそうですからね。 起業にあたり自分にはまだ分からない事がたくさんあります。 経営とか会計とか法律とか。それらを勉強するためにもただ「勉強しようかな」と考えるのではなく、「やらなきゃ!!」と自分を追い込んでみようと思います。 何人が見てくれているかはわかりませんが、ブログで宣言をするのも自分を追い込むためです☆ 追い込まれてつぶれないよう頑張りたいと思います♪ コメントなどお気軽にお書き下さい(・∀・) あとブログランキングに登録しています☆(・ω・)ノ GOOD!!と思ったらクリックお願いします。

小躍りして喜びます☆