なんとか成るログ!(narulog)

人生を生き抜く、社会を生き抜く、自然界で生き抜くサバイバルブログ術!たぶんきっと、なんとかなる!

そもそも昆虫を食べるという概念が無いのだけれど、気になる「昆虫食」

人気ブログランキングへ こんばんはヤマナカ(@miapom)です。 Facebookを見ていたら気になるブログ記事を見つけました。 地球を守るために、虫を食べる」:昆虫食の普及に取り組む「地球少年」篠原祐太氏が熱すぎる イケダハヤト氏のブログです。 もうね、かなりの衝撃を受けましたよ。でも嫌だったら見なきゃいいだけなんですが、そこを見ちゃうのはやっぱり多少なりにも興味があるから。 もうね、早速「地球少年」篠原祐太氏をTwitterでフォローしちゃったよね。 だって、小腹が好いたら「コオロギを2~3匹食べます」って・・・ 「ゴキブリを生で食べて、それで死んだら本望」って・・・。 話がぶっ飛びすぎてて逆に新鮮。 ブログを読みながらビンビンと脳が刺激されるのを感じました。 僕自身、食べたことがある虫といえばイナゴくらいです。イナゴのつくだ煮です。 見た目はまんま「虫」ですが味は「エビや小魚のつくだ煮」と同じです。「じゃあエビや小魚食った方がいい」という人がほとんどだと思います。しかし現代ならともかく、海に面していない県や、そのような魚介類を捕れない地域では昆虫も貴重なタンパク源としてハチ・スズメバチ・蜂の子・イナゴなど昔から食されてきました。今では伝統的な食べ物としてや、珍味として食べられるようですが、栄養面からみると牛や豚以上に優れている点があるのも事実です。 栄養面について詳しく書かれていたのがコチラのサイト 「モグモグ昆虫食ランド」 ここでは牛や豚のステーキを3kg食べるよりも、昆虫を3kg食べた方が栄養価が高いと言われています。 「空腹が人を健康にする」の本でも書かれていましたが、生き物がその身体を維持するためにはそれらを構成するものを食べた方が良いと著者は言います。牛や豚の身体の一部を食すだけでは栄養を摂れない、それらの身体を構成する骨や内蔵も含めたすべてを食べることで人の身体を維持できる栄養を補えると言っています。「そのために優れているのが卵(これだけで鶏の身体を構成する栄養素が含まれる)、魚などまるごと食べられる食材です」って書いてありましたが、別の見方をすれば昆虫食というのもまるっきり当てはまると思った次第です。 ついでに「国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表した。」という記事もあり、地球レベルで「昆虫食」が進んできているのか!!と驚きを隠せません。 でも栄養価が高く、牛や豚や羊などに比べて育てる土地が狭くてもよく、食べた餌を家畜よりタンパク質に変換し、少ない投資で多くの成果を得ることができるっていったら・・・良いところしかみつからない。牛のゲップは地球温暖化に繋がるが、虫の出す温室効果ガスは遥かに少ないってところも納得。もうこれハンパナイ。 以前は「昆虫なんて絶対食べたくない!死んでも嫌!!!」っていう考えが、「ちょっとぐらい食べてみてもいいかな」とさえ思うようになってしまった今日このごろ。衝撃体験アンビリーバボーです。 なんでここまで考えるようになったかと言えば、「昆虫まで食えたらどんな環境でも生きていける」と思うからなんですね。 もちろん人という動物からすれば明らかに小さくて弱い昆虫類は食べられてしまう存在ですが、食糧難でもない現代においては「虫なんて絶対食えない!!」という心理が強く働いてしまいます。しかし今後どのような災害が起こるかわからないし、例えば山に行って遭難してしまったという状況で「生きる」という選択をするにはそのための決断を強いられます。 そんな時に「虫を難なく食えるスキル」があるならば明らかに生存能力が高まるし、人として、人間として「強いなぁ」と心から思うわけです。 だから、食えないよりは食えた方が良いんじゃないかっていうね。 しかも篠原さんがいうには彼ら(ゴキブリ)はボディーガードでもあるっていうお話。

>>あと、彼らはボディガードも兼ねてますね。ゴキブリとかタランチュラとか蛇を出したら、ヤクザも逃げ出すと思います。

>>イケダ:食料であり、ボディガードでもある(笑)新しいライフスタイルですね。

「人」は動物の中で最強でありながら、人間界においても最強になれる。 もし僕がヤクザだとして、篠原さんと道でぶつかって因縁つけて脅したとします。(実際、僕はヤクザでもないし、そんなことはしませんw) 目の前で「ちょっと小腹がすいたのでおやつ食べてもいいですか?」なんて言って、カバンの中からゴキブリを出して食べだしたら「お・・・おう、あんちゃん。今後は気をつけろやっ!」なんて言ってこちらが逃げ出します。(笑) まさしく最強。 そんな精神的な強さ(ご本人はそれが普通と思っているでしょうが)には憧れすら感じてしまいます。 まずは上にもありますが、地球を守るために、虫を食べる」:昆虫食の普及に取り組む「地球少年」篠原祐太氏が熱すぎるの記事を見てみてください☆ この記事と同時に取材されている吉田亮太氏」も興味があればご覧ください。 ちなみに「昆虫食」で色々見ていると「虫フードファイター佐々木孫悟空さん」という人に突き当たるかと思います。 佐々木孫悟空さんのの動画などはハイレベルすぎて覚悟しないと見れません。 こちらは「心臓の弱い方やこういった映像が苦手な方」は見ない方がいいですね。 コメントなどお気軽にお書き下さい(・∀・) あとブログランキングに登録しています☆(・ω・)ノ GOOD!!と思ったらクリックお願いします。

小躍りして喜びます☆