なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

最近はブログへのモチベーションが低下気味?!新たな起爆剤が欲しいところ。

以前はほぼ確実に毎日更新(たまに書けないときは次の日に二記事アップ)していたのに、ここ最近は「今日は書かなくていいかなぁ〜」なんてこともチョイチョイあるヤマナカです。 ブログで生計立ててるわけではないし、誰かに強制させられてるわけでもないの…

ついに出たぞっ!FeBe!からD・カーネギーの「人を動かす」これは是非とも購入したいっ!!

FeBeからメールが来たのを見て目を疑いました。 これが届いたメール そして本日、あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著『人を動かす 新装版』がFeBeに登場!世界で1500万部を売上げ、自己啓発書の元祖とも称される不朽の名著です。…

Kindleより紙の本より「オーディオブック」が今の生活にはぴったりかもしれない。

ここのところあまり本を読ん読む時間がなくて、前にも増して「積ん読」状態が加速しております。(´・ω・`) Facebookなどで誰かがオススメしてたりすると気になってしまうんですよ。特にKindleでセールなんかやってるとついポチっと・・・。 Kindleは本棚ごと…

「神・時間術」を読んで7時間睡眠を実行することにしたよ!睡眠時間を削ることは命を削ること。

今読み進めている本の1つ「神・時間術」なのですが、一日のうちでもっと時間を増やしたいと思い読んでいます。表紙にも「あなたの24時間を科学的に2倍にする!」とありますしね! まだ全部を読んでいませんが、これの一部を読んでまず実行しようと思ったの…

心が弱った時はいつも「岡本太郎」の力強い「何か」に励まされる。

今から約10年前くらい、僕が大阪で働いている頃に「仕事をやめようかどうか」毎日思い悩み週末もただ現実から逃げるように大阪の街を歩き回っていました。楽しいはずの週末も、寝てしまえば月曜に近づく恐怖があり、空は晴れていようとも心の中はどす黒い雲…

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版「ストレングス・ファインダー2.0」をついに買ったぞ⭐︎

前々からずぅーっと気になっていた「ストレングスファインダー」。 自分の強みを見出すための診断テストです。これをずっとやりたいと思っていましたが、本書についてくるコードを入力してネット上で診断を行いますが「1回しかできない」という点にビビって…

日記アプリを入れたことで「日記」と「ライフログ」について改めて考えてみる。使い分けはどうするか?何で行うか?

昨日「100年日記」のアプリをいれたのだけれど、写真を3枚しか貼り付けられないということを知りどのように使って行くか考えている。 行動の記録(ライフログ)を残すにはPostEver2というアプリを使い、Evernoteの中のひとつのノートに時系列でライフログを…

ブロガー必見の書籍!「文章力」を身につけて「100倍クリックされる」ブログを目指すなら読んでおきたい書籍2冊!

というわけで、最近購入した二冊がこれ! 一冊目! 伝わる!文章力が身につく本 著:小笠原信之 ブログを今まで趣味として書いてきたけれども、これからはもうちょっと「文章」に力を入れていきたいと思っていました。 他人のブログを読んでいると「この人の…

ネガティブな時は「言葉の力」を借りてみる。アファメーションの言葉を口にするだけで気持ちが前向きになる不思議。

今朝は仕事場に着いてから妙に気持ちが落ち込み気味。 だいたい気持ちが落ち込んでいる時などは心の中の自分の言葉もネガティブな発言をしています。 「あぁ仕事嫌だなぁ」 「まだ水曜日かぁ。週末が遠いなぁ・・・」 「眠いなぁ」 「やる気出ないなぁ」 「…

これからもう一度数学のお勉強をしてみようと思いまして。「もう一度 中学数学」

朝の通勤時間では主にオーディオブックを聞いていますが最近聞いているのがこれ。 [オーディオブック版]読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 著者:佐藤優 再生時間:6時間49分 オーディオブック配信サービス「FeBe」 佐藤優 読…

20170305 最近全くと言っていいほど本を読めてない寂しさ。

今引っ越しのために荷物整理中で本や本棚を移動してます。 そういや最近は全くと言っていいほど本を読ん読んでいません。読みかけの本も減らないままだし、気になった本があっても「まだ読みかけがたくさんあるし・・・」と思って購入もしない。 読まない→買…

本 まずは書いてみる 著:藍玉(手帳ライフ研究家) 手帳やノートに興味を持ったらまず最初に読みたいオススメ指南書!

去年にこの本のことを知り、Amazonで予約して購入した「手帳術」関連の書籍。 藍玉さんのことは「ほぼ日手帳」で検索している時にブログで知りました。 藍玉さんのブログ aidama.info 手帳に興味を持ってネットであれこれ検索をしている人なら誰しも藍玉さん…

僕の手帳はただのメモ帳。「手帳という武器」にするために基本ルールを身に付けたい!

ちょっと用事がてら寄った雑貨店で、以前から気になってた本が並んでいたのでつい買ってしまいました。 手帳という武器をカバンにしのばせよう 著:さとうめぐみ 手帳は以前からずっと使っていますが、この本のタイトルにあるように「武器」として手帳を使っ…

仕事の専門書からノート術の本、そして睡眠の本と仏像を描く本。雑多に見える本選びの中に浮き上がる自分の人生。

ここ数日で多種多様の本を購入したので読み進めたいところですが、いつどんな本を買ったのかという記録も込めてブログに書いていきます。 こうして本を並べてみると自分の興味ある分野の本がそのまま自分の人生なんじゃないかと思えるから不思議です。

魔法のコンパスから広がった僕の絵本への興味の世界。ひな壇に座るだけが芸人じゃない!西野亮廣の「芸人」としての考え方がすっごくクリエイティブ!

今日はめちゃイケでナイナイ岡村とキンコン西野がどのようになるのか・・・気になってテレビの前で正座してみていました(笑) news.livedoor.com 人の不幸は蜜の味?ギクシャクした人間関係 「不仲説」の内容については上の記事を見てもらえるとわかるかと…

メカトロウィーゴを見ているだけで幸せな気分になれるんだよ♪小さな巨人「タイニーウィーゴ」

マイブームのフィギュアであるメカトロウィーゴ。 このメカトロウィーゴのカタログのような「みんなのメカトロウィーゴ」には付録として手のひらサイズの1/35よりさらにふたまわり以上小さい「タイニーメカトロウィーゴ」がついてきます。 しかもそれだけじ…

メカトロウィーゴつながりで「フィギュア王」も注文しちゃった!

フィギュア王といえば中学2〜3年生くらいの時に1度だけ買ったことがあります。 エバンゲリオンの綾波レイの包帯巻きフィギュアが表紙だったと思います。興味を持ちながらもちらっと立ち見をして買おうか買うまいか悩んだ記憶があります。 買おうか・・・…

男泣きだってしてしまうあの絵本!SEZON ART GALLERY(セゾンアートギャラリー)にて「えんとつ町のプペル展」行ってきました☆

Facebookでキングコング西野亮廣さんの活動を見ていてずっと気になっていた「えんとつ町のプペル」という絵本。それのギャラリーを開いているというのでSEZON ART GALLERY(セゾンアートギャラリー)に行ってきました。

カエル好きはぜひとも身近に置いて眺めたくなるカラフルな絵本。子供に見せるにも「かえるごようじん」だよ!最後の内容が衝撃的。

Amazonで「この本を買った人は〜」ってところで紹介されてたこの本。 「かえるごようじん」 ちょっとリアルに描かれた鮮やかな緑色のカエルが印象的な本です。 Amazonレビューを見てみると「絵がカラフルでキレイ」だとか、「最後が予想だにしない展開」だと…

ちょっと思い立って「フィグバッシュの人形」を作り始めてみたよ。完成するかは未定だけど。

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」のムックを読んでいて、作りたい欲求がムックムック出てきたのがフィグバッシュの人形。 ゴーリー自身も片手間に自分で縫い縫いしてたみたいだし、この奇妙な人形なら比較的簡単に作れるんじゃないかと思って家で余って…

ゴーリー作品が色々と気になったので「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」を買ってみた。ゴーリーの描く猫はブチャ可愛い。

ダークでシュールな大人の絵本を描く「エドワード・ゴーリー」に惹かれてこのようなムック本を購入しました。 エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 数々のゴーリー作品に加えて、それらに関連するものだとかゴーリーの住んでた家などエドワード・ゴーリーを広…

MonoMaxに付録の「ハンティングワールド システムケース」が収納力ハンパない!

コンビニで見かけてまたまた付録につられて買ってしまいました。三(ノ゚(工)゚)ノクマー モノマックス なんと!ハンティングワールドが雑誌付録に初登場! よく知らないけど「ゾウさんマークだし」という理由で気がつけばレジに並んでいました。

エドワード・ゴーリーの世界観に引き込まれる。A~Zまで続く不幸「ギャシュリークラムのちびっ子たち」は子供のいる親にこそ読んでもらいたい大人の絵本。

昨晩のブログを書きながらアマゾンでやっぱり注文してしまいました。エドワード・ゴーリーの代表作でもあるガイコツと26人の子供が並ぶ表紙のこの絵本。 ギャシュリークラムのちびっ子たち エドワード・ゴーリー 表紙を見るだけでも不穏な空気が漂います。 …

絵本は読まずとも見て楽しむ思考の冒険♪ 大人の絵本 エドワード・ゴーリー「うろんな客」 

お笑いコンビ「キングコング」のにしのあきひろさんの本「魔法のコンパス」をきっかけに「絵本」というものに興味を持つようになりました。 8079tdc.hatenablog.com 絵本というとどうしても「幼児に読み聞かせる本」というのが僕の中にありました。しかし絵…

はてなブログの「最も詳しい解説書!」を手に入れたので、ブログそのもののカスタマイズにも力を注いでいきたい。

この本について「いつ書こうか〜」なんて思ってたら購入してからすでに一ヶ月ほど経っていました・・・(汗) はてなブログをやっていく上でのブログ投稿の仕方・デザインカスタマイズ・CSS・各種設定からアクセスアップやコミュニケーションなど「はてなブ…

雑記ブログだけではなく何かに特化したブログでも書いてみようと思ったけど、結果的に力が分散されてどっちつかずになりそうな私。

新しいブログを立てようかね? 最近いろんな人のブログを読むようになり、自分のブログスタイルも変化させてみようかなぁなんて思ったりもしました。 それは今書いている雑記ブログの他に、趣味に特化した専門ブログを書くというもの。それをどんなサービス…

魔法のコンパス持ってウロウロしてたら素敵な絵本との出会いがあった♪「Dr.インクの星空キネマ」絵と文:にしのあきひろ

最近また何冊も本を買っているんだけど、多分僕の中では(大人になってから)初めてであろう「絵本」を買ってみました。 Dr.インクの星空キネマ 絵と文:にしのあきひろ 「にしのあきひろ」とはお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんの一番最初に出し…

なになに?文庫Xってなに?何だかわからないこの本を買う人っているの?

手帳を探しにいった書店で、入って早々気になる本を発見しました。 謎の「文庫X」全国に拡散 そう書かれた新聞の見出しとともに、表紙が隠された本が平積みされています。 気になる売り方ではあるけれど・・・ 題名のところに「さわや書店 入魂の一冊!」 「…

オーディブル「ブログ道」を読んで(聞いて)、もっと気楽にブログに向き合っていいのだと気付いた。

オーディブル(オーディオブック)の中で「ブログ関連本」はかなり少ないのですが、その中で見かけた「ブログ道」という本。 ↓画像がアマゾンリンクになってます ブログ道 著:久米信行 ブログ本というといかに読者を集めるか、いかに利益につなげるかといっ…

ブログの文章力アップになるか?!「うまく はやく 書ける文章術」これから読むよ!

ブログ関連の書籍は何冊か読んできましたが、文章そのものを書くための本というものは今まで読んでいませんでした。ブログの方はほぼ毎日書いていますが、だからと言って文章を書くのが上手くなったかどうか・・・はわかりません。 文章を書くことは好きです…

アイデアを寝かせて発酵させる場として一度アウトプットして書き出す。そこで熟成させたものをブログに再度アプトプットしてみてはどうか?

手帳でもノートでも、「情報は一元化!」って思ってる山中です。 それなのに何冊も手帳を使ったり、何冊もノートをつかったり、このブログに全てを書きますよ!なんていながらMediumなどのSNSにも投稿してみたり。 medium.com 結局あっちこっちに散らばっち…

「自由への扉 著:高橋歩」を読んで自分もやってみたいと思った!行動の起爆剤!

今日は市役所に行く用事があったのですが、ついでに図書館にもフラッと寄ってきました。そこでちょっと気になって手に取った本がこちら。 自由への扉 著:高橋歩 高橋歩さんの本は別なものを持っていますが、買っておいてなんですがちょっと苦手です。やりた…

風邪をひいちまいました。だから読もう「風邪の効用」 著:野口晴哉

昨日の夕方あたりからノドにイガイガの違和感がありました。今朝からはノドの痛みに変わり、今は熱っぽさとだるさを感じています。 そして「風邪を引いた時にこそ読もう!」と決めていた本、「風邪の効用」を読み始めました。 序 (略) 無病だと威張ってい…

いつも広告に出てくる復讐マンガ「善悪の屑」をキンドルでまとめ買いした!自分の中の黒い部分も感じられる作品。

( ・ω・)ノネタバレ無し! 普段マンガとかあまり読まないのですが、ごくまれに「あ、これ気になるなー!」ていうのがあったりします。 自分がブログを書き終わって、ブログチェックしてると広告に気になるマンガが! それがこれ、「善悪の屑」。 自分で自分の広…

「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」という意識を持ち始めた。

コンビニにふと立ち寄った際に、どこからか覗き込まれるような視線を感じました。 「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」著:升野俊明 雑誌コーナーで立ち止まった時に、下方から感じる視線。おう!ニャンコがこちらを見つめてる!(本だけどね) パッと見た…