読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとか成るログ!(narulog)

食パン型のロシア車UAZを転がしながら色々考える日々の記録。アウトドアやステーショナリーや読書やものづくりなど。趣味的雑記ブログ。やってみればとりあえず「なんとかなる!」

スポンサードリンク

ついにロシア車ワズとお別れの時。5年間楽しい車生活をありがとう♪

 

f:id:miapom618:20170428000710j:plain

今日は5年間連れ添ったロシア車のUAZとお別れとなりました。

ここ一ヶ月ほどは腰痛のこともありATの軽自動車にばかり乗っていましたが、久々にエンジンをかけたUAZは一発始動でとても調子が良かったです。

 

うちにUAZがやってきたのは2012年、僕がまだ高校講師をやっている頃でした。

続きを読む

心が弱った時はいつも「岡本太郎」の力強い「何か」に励まされる。

今から約10年前くらい、僕が大阪で働いている頃に「仕事をやめようかどうか」毎日思い悩み週末もただ現実から逃げるように大阪の街を歩き回っていました。楽しいはずの週末も、寝てしまえば月曜に近づく恐怖があり、空は晴れていようとも心の中はどす黒い雲で覆われたような沈んだ気持ちで過ごしていたように思います。

 

ここに行こうと決めて目的を持って行動したのではなく、なんとなくモノレールに乗りいつもと違う場所に行ってみようと思ってたまたま見かけたのが太陽の塔でした。

 

f:id:miapom618:20170427000859j:plain

出典:太陽の塔 - Wikipedia

 

大阪万博の時に建てられたもの、岡本太郎という芸術家が建てたものということくらいは知っていましたが、それすらももしかしたらその場所でもらったパンフレットに書かれていたことを今思い出しているだけかもしれません。

 

僕は「太陽の塔」の芸術がよくはわかりません。

でもただただデカく、異様な立ち姿で僕を迎え入れてくれたような感じがしました。

 

自分がこれからどのように生きて行きたいのか、自分は何をしたいのか、自分が進むべき方向は何か?それを考えつつ、太陽の塔を見上げながらその周りを一周しました。そこで全ての答えが出たわけではないですが、結果的に仕事を辞めて地元に帰ることとなりました。

 

その場には多分30分たらずしかいなかったと思いますが、喋りもしない太陽の塔に人生相談をしてたかのような気持ちになります。機会があればもう一度訪れたい大阪の大好きな場所です。

 

 

それから数年が経ち、今はそれほど思い悩むこともなく毎日を過ごしています。毎日平穏に過ごしているからこそ・・・「このままでいいのかな?」と行った漠然とした不安に襲われることもあります。

 

毎日をただ平然と過ごしていてはいけないぞ。自分からアクションを起こしていかないとまずいぞ!という心の奥の自分の叫びを封じ込めないために一冊の本をいつもカバンに忍ばせています。

f:id:miapom618:20170427004212j:plain

 

f:id:miapom618:20170427004237j:plain

 

この中で「手づくり」に関することが述べられているが、自分もものづくりをしていく人間としてハッとさせられた。

 

あんまり器用に出来上がったものは冷たくて、何か自分の外っ側にあるような気がしてしまう。それは自分ではとうてい作れないもの、つまり本質的には自分から離れたものであるからだ。

 

昔、手づくりしかなかった時代、職人の仕事は機会製品のようなものだったのだ。機械のように正確に、熟練した器用な手がロクロを廻し、木を削った、となると機械も手づくりも結局変わりはない。

 

僕自身も以前に「ハンドプレス」を作って自分で売っていたこともあるが、自分が作るそれは製品というよりも「作品」というイメージでもあった。というのも、毎回作るたびに改善点が見えてくるし、それなら次はこうやって作ってみようとなる。

一応図面はあるけれど、作るたびに「自分の想い」を形にして付け加えたり切り崩したり。

 

ただハンドプレスという製品を作る上で「品質が安定していない」のは売っていいものなのか悩んだ時期もある。工業製品であれば製品のばらつきはあってはいけない。あったとしても最小限にしなくてはいけない。

 

だけど僕はそれとは違った感覚で作ってたこともあり、そういう葛藤もありながらいくつかの製品を世の中に出してしまったことを後悔したこともあった。

 

つまり手づくり、手で作るというのは、実は手先ではなく、心で作るのだ。

心が参加して、生々しく働いていることが手づくりの本質だと言いたい。

手づくりは決して器用である必要はないのだ。子供の時には誰でも平気で作ったのに。大人になると、みっともないと自分で卑しめてやめてしまう。とんでもない、むしろ下手の方がよいのだ。笑い出すほど不器用であれば、それはかえって楽しいのではないか。

以外にも美しく、うれしいものが出来る。

 

 

僕は一時期職人になりたいと思うこともあった。何かを突き詰めたスペシャリストになりたいと。でも自分でものづくりをしていく中で職人ではなくアーティストでありたいと思うようになってきた。

その時の材料、気候、気分など変化する中で同じものを同じクオリティで作っていくことに喜びを感じない。むしろその時々で変化を加えて新しいものを生み出すことに喜びを感じる。そして同じものは2つといらない。2つ目を作るならまた違った要素を組み合わせて新しいものを生み出したい。

 

 

そう考えると自分の今までやってきたことは間違いではなく、1つの方向性なんだなと本を読んで気づくことができた。良く言えば「自分の都合の良いように解釈してる」とも。でもそれでいいじゃないか、楽しいじゃないかと・・・岡本太郎は教えてくれた。

 

昔、テレビで見た岡本太郎は良く分からない変なおじさんだった。

いつのまにかこの世からいなくなっていたけれど、数十年後に僕を支えてくれる心の師となった。

 

岡本太郎・・・僕はあなたが大好きだ!

 

 

 

 

記事を読んで面白かったものや気になるものがありましたら「はてブ」や「シェア」などしていただけると大変嬉しいです!今後の励みになりますので宜しくお願いします☆

FacebookやTwitterもやってます♪どうぞよろしく♪

  山中タダシFacebook(フォローお気軽に☆)
https://www.facebook.com/tadashi.yamanaka



山中タダシTwitter(フォローお願いします。フォロー返しします。)
ヤマナカ タダシ(山中 督) (@miapom) | Twitter


 
インスタグラム

ヤマナカ タダシ (@tadashi_yamanaka) • Instagram photos and videos

 

Mediumはじめました♪

https://medium.com/@miapom618_8079

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版「ストレングス・ファインダー2.0」をついに買ったぞ⭐︎

前々からずぅーっと気になっていた「ストレングスファインダー」。

自分の強みを見出すための診断テストです。これをずっとやりたいと思っていましたが、本書についてくるコードを入力してネット上で診断を行いますが「1回しかできない」という点にビビって買えずにいました。

 

だってテザリングでインターネットやってる(しかも電波状況あまり良くない)から何かの影響で通信が切断されたらショックすぎるもんね。

 

そんなこんなで「買おうか・・・買うまいか・・・」悩んでいるうちに気がつけば2.0にアップデートされてました。ラッキー⭐︎

 

さあ、才能に目覚めよう

f:id:miapom618:20170426004740j:plain

 

最近ずっと「自分の適正ってなんなのだろう」「このままでいいのかな?」「今の仕事の中で自分を生かせることはなんだろう」など色々と考えていました。そんなとき、たまたま無料で読んだ「インベスターZ」という投資マンガ?の一コマ。

野球部に入ろうとする新入生に対して先輩からこの一言。

 

f:id:miapom618:20170426005105p:plain

先輩「的外れなところで頑張ることに・・・価値なんてない!」

 

 

そう、せっかく頑張るのであれば自分の強みを生かせる場の方がいいに決まってる!

じゃあそもそも自分の強みってなんなんだ?ってことですよ。

 

f:id:miapom618:20170426005530j:plain

これで見つかるのは自分の強みそのものではなく、強みになりうる才能の原石。

まずはそこに気づき、それを磨いていきましょってこと。

 

 

ほんの後ろにある綴じ込みの中にアクセスコードが入っており、それを入力することでストレングスファインダーを受けることができます。ちなみに中古の本ではすでにコードが使われていると思うのでストレングスファインダーを受けようと思ったら新品の本が必要になります。

f:id:miapom618:20170426005801j:plain

袋とじってドッキドキするー♪

 

この診断テストは1問20秒以内に答えていき、全部の問題が終わるまでに約35分ほどかかります。一度しかできないので時間に余裕があるときに落ち着いて受けましょう。

 

僕の強みは次の5つでした

 

1    Strategic  戦略性

2    Maximizer  最上志向

3    Individualization  個別化

4    Intellection  内省

5    Adaptability  適応性

 

本書にこれらの資質について詳しく書かれており、さらにこのような行動をすると良いでしょうといった「行動アイデア」が書かれています。

 

今日はもうテスト受けただけで遅い時間になってしまったので中身についてはまたあとで書きたいと思います。

 

 

 

 

動画見てたらシンセサイザー欲しくなってしまったので、たまらず実家からmicroKORG XL持ち出してきたわ。

 先週土曜日は嫁ちゃんはお仕事だったので家で娘の面倒見てました。

たまには動画を見るのもいいだろうとyoutubeを見てたんですね。何か面白そうなシンセサイザー動画はないかと色々見てた。

 

そこでちょっと気になった「KORG monologue」、これについて検索して出てきたのがこれ。

ノブ回しながらギョインギョイン言わせてますな!すげーいいな!

いくらくらいするんだろうとAmazonで調べて見たらまぁ3マン円くらい。多分独身の時だったら「えい!」っと買ってしまったところだけど今はさすがに買えない。

(;´Д`)

 

 

 

 

こういうのは見てれば見てるだけ欲しい熱が上がってきてしまうので方向転換!!

旧型microKORGとか素敵よね!ここでの演奏方法とか画期的でバビッた!

 

演奏中に音を変えるためにノブを回すのはわかるのだけど、積極的にノブを回して音に変化をつけることで演奏するって面白いなぁ。これ見ているとmicroKORG欲しくなるよねー。いや、持っていたからってこんな演奏できるとは思わないけどさ。

 

ELECTRIBEとか売らなきゃよかったなー。(お金に困って数年前に売ってしまいました)

 

とりあえずシンセサイザーを触りたくなってしまったんだけど、うちにはKAOSSILATORしかないんですよ。ノブによってキュイーンとか鳴らせないし、鍵盤もないし。(そこがカオシのいいところなんだけどね。)

 

 

なので本日、実家に帰ってmicroKORG XL持ってきました。

f:id:miapom618:20170424235724j:plain

嫁ちゃんには「そのバッグなに?断捨離すっぞ!」なんて言われちゃったけども。

え?まさか捨てられちゃうってこと??

 

とりあえずmicroKORG XLの動画だと派手にノブ回してギュイーン!なんてのはほぼほぼ無い。やりようによってはそんな音も出せるみたいだけど。

 

 これはmicroKORG XL+(マイクロコルグ エックスエル プラス)

 

でもほとんどが「演奏」の動画が多いね!

ギュンギュンいじってシンセらしい太い音を鳴らして遊びたいのだけども。

 

 

 

f:id:miapom618:20170424235734j:plain

とりあえずmicroKORG XL単体では音が出せない(エレキギターとかと一緒でアンプがないと音が出せない)のでヘッドホンが必須。家の中でデカイ音鳴らしてたらご近所さんにも怒られちゃうからね。

 

f:id:miapom618:20170424235742j:plain

 

 

 昔あげた動画なんぞ引っ張りだして貼って見るテスト。

 

あー、KORGmonologue欲しい!

セブンイレブン限定「ボンレス犬とボンレス猫」クリアファイルが可愛いくて、ついお菓子買ってしまったよ。

今日たまたまセブンイレブンに行ったら店頭に並んでいる可愛らしいファイルに釘付けになりました♪

 

f:id:miapom618:20170423232748p:plain

出典http://www.sej.co.jp/cmp/boneless1704.html

 

www.sej.co.jp

対象の商品を2つ購入することでクリアファイルが1枚もらえます。お菓子も100円〜160円くらいなので手に入れやすいですね。

 

ボンレス猫が肉まんを分けるやつか、アメリカンドッグを食べながら寝ているやつか、色々と悩んだ末に以下のファイルを選んできました。

 

 

f:id:miapom618:20170423224600j:image

ボンレス犬が走らされて肉まんを温めているの図

 

うちの嫁ちゃんは以前セブンイレブンで働いていたので、その制服を着たボンレス猫ちゃんにしました。

 

ボンレス犬のボンレスまんはトマト&チーズなのにボンレス猫の方は肉&肉など、「肉だけかよ!!」っていう細かな部分も面白い。

 

f:id:miapom618:20170423224609j:image

この猫のふてぶてしい表情がなんとも・・・可愛い。

 

 

ちなみに必死に走らせられていたボンレス犬は・・・

ファイル裏でこのような姿になってました。

 

f:id:miapom618:20170423224618j:image

疲れ果てて魂飛び出してます。

 

 

数に限りがあると思うので欲しい人はセブンイレブンにGO!

溜まってしまったゴミや粗大ゴミなど、ゴミ処理センターに直接持ち込んで処分!ただし土曜日は混んでいる!

引越しの際に大量にゴミが出ると思いますが、その様々な種類のゴミを捨てるには結構時間がかかりそうです。月曜日は燃えるゴミ、火曜日はプラスチック・・・一体これら全部を捨てるにはどれほど時間がかかるのか・・・。

 

そんな時は自らゴミ処理センターに持ち込むとサクッと捨てることができます。

各地域のゴミ清掃センターを調べてみればいつなら持ち込み可能かすぐにわかると思います。

 

 

僕も以前大量のゴミを捨てるために車に詰め込んで4往復して来ました。

 

8079tdc.hatenablog.com

平日であれば時間内であればいつでも持ち込み可能かと思います。僕の住む地域では第2、第4土曜日の午前中も持ち込みが可能ということで今日もゴミ捨てに行ってきました。

 

平日に行った時はすぐに門まで行けたのですが(それでも人が多いと思った)、休日となると車の行列ができるほどなんですね・・・正直ビビりました(笑)

f:id:miapom618:20170422155221j:plain

 

平日の場合はゴミ処理センターの奥まで案内されますが、土曜日の場合は別の場所(広場)に案内されました。一度に10台くらい横並びに駐車し、各自で決められた場所にゴミをまとめます。

 

 

f:id:miapom618:20170422155605j:plain

 

可燃ゴミ、不燃ゴミ、ビン・缶・ペットボトル、段ボール、本・雑誌類、衣類、鉄類、小型家電、電池、電球・蛍光灯、粗大ゴミといった感じで区分けされているのでそこに持っていくだけ。

 

ビニール・プラスチックなども可燃ゴミに含まれるので家庭ごみとして近所のゴミ捨て場に捨てる時よりも細かく分別する必要がなく、ざっくり分けてあるだけなので捨てやすいです。

 

 

三月に引越しを終えたのに、実は車にゴミを積んだままだったんですよね。それとついでに家に溜まってた段ボール類などまとめて捨てることができたのでお部屋も車もスッキリ!!

 

 

利用時間が8:30から11:30までなのに11時ごろ向かったため大渋滞でした。ギリギリに行くと並んでいる時に門を閉められちゃう可能性もあるので次回行く場合はもっと早めに向かおうと思います。

 

アナログ日記生活から一変、デジタルライフログ&日記を一週間ほど続けてみた感想。

まだ1週間は経ってなかったわ!

先週の土曜日に「100年日記」のアプリを導入してからは手帳にではなくアプリに日記を書くようにしています。

 

100年日記のアプリに日記を書き込むとEvernoteに保存されるようになっています。

 

このアプリの利点はカレンダーでいつ書いたものかすぐにわかるようになっていたり、同じ日の過去数年の日記がまとめて閲覧できる点です。

 

Evernoteにふつうに日記を書いてもいいのですが、見返す事を考えるとちょっと不便なのでこのようなアプリを導入した次第です。

 

 

 日記アプリ「100年日記」

f:id:miapom618:20170421001546p:image

写真があるところ、カレンダーに沸くみたいにできてるところには日記を書いてます。(17、18日は書いてないです)

 

なるべく毎日書こうと思っているけど、書き忘れることもあります。できるだけ書く努力はしますが追い詰めすぎると放棄してしまいそうなので「書けたら書く」くらいのゆるさでとりあえず続ける事を目標にしていきます。

 

 

 

ライフログアプリ「PostEver2」

f:id:miapom618:20170421002144p:image

画面の一番右下(ぞうさんマーク)

 

これもまた、先週からライフログを取るために頻繁に書き込むよう意識しています。

 

  • 朝起きたら「おきた」
  • いえを出るとき「出発」
  • 信号待ちでは「ボイスメモ」
  • 天気などは写真で風景をとり
  • 休憩で食べたものを写真をとり
  • 会社の弁当で何を食べたか撮り

 

なとなど、なるべく意識的に書き込むようにしています。なにかしら書き込めば「場所」「時間」も同時に記録されるので、空白の書き込みでも自分がその時間にどこにいたのかをログとして残しておくことができます。

 

しかしまだログを取ることに慣れていないので忘れることも多々あります。

 

とくに家に帰ってきてからはごはんを食べて、子供と遊んで、お風呂入って、洗濯もの欲して、さぁ寝ようかな!っておもった瞬間に「ログとってねぇ!」なんてことになります。

 

習慣として身につくまではもう少し色々時間がかかりそうですが、あそび感覚でライフログも続けていこうと思います。

 

寝る前にEvernoteを開いて今日のログを見返してみると今朝のことなのに「忘れていること」があったり、そういえばこんなこと考えてたなと思うことや、これやろうと思ってたのにわすれてた!なんてことを振り返れます。

 

僕はノートでも手帳でも書きっぱなしになっていることが多いので、こうやって書いたものを見返す習慣も身につけていきたいですね。

 

 

そのうちEvernoteの中身も整理したいところだけど、まずは「書き込むこと」に集中して自分自身をEvernoteに詰め込んでいきます☆

\(・ω・)/